出張2008年9月-第八日目-Dinner


今日のDinnerはちょっと気のあった者でということで3人で出かけました。

まず、今日が最後の夜ということでお土産のチョコレートを買いました。私の場合、娘からNeuhouseとGodivaと指名があったので迷うことはありませんでした。私がやったのはまず2個美味しそうなのを選んで味見です。2個で1.2EUと1.6EUでした。これを基準に詰めて貰いました。チョコレートはグラムいくらなのでまず箱を参照してグラムを決め、好みを言ってお任せにしました。
まず、Neuhouse。アーケードギャラリー・サンテュベール(Galeries St. Hubert)の店に行きましたが種類が多く実はほとんどお任せです。聞いたところでは、賞味期限2ヶ月と1ヶ月の物があるそうで、もちろん賞味期限1ヶ月の物をお願いしました。
c0153302_23375274.jpg

続いてグランドプラス(Grand place)のGodivaに。
c0153302_23385058.jpg
c0153302_2339542.jpg

ここは韓国と中国人で占領されていました。何となくうんざりしていたお店の人がすぐ付いてくれました。彼女曰く、十分な知識が無くて迷うよりお店に任せるほうが言いと。すぐアグリーして詰めて貰いました。
c0153302_23392463.jpg

さて、Dinnerはまたイロ・サクレ(Ilot Sacre)地区で昨日のScheltemaを過ぎて次の角にあるローゲンブリック(L'Ogenblik)。創作ベルギー料理とある。

■ お店情報
c0153302_23413875.jpg

Cafe Restaurant de l'Ogenblik
-- Address: RGalerie des Princes 1
-- Telephone: 02-511-6151
-- Open Time: Mon-Sun 12:00~14:30, 19:00~24:00
-- Closed: - 
-- Credit Card: OK

■ お店

アーケードギャラリー・サンテュベール(Galeries St. Hubert)の途中から左に曲り、イロ・サクレ(Ilot Sacre)地区に入る。途中右に曲がり、暫く行くと右に道のある三叉路の右角にある。入り口は右に入る道の階段を上った所。最初通り過ぎるくらい分かりにくい看板だ。
c0153302_23422326.jpg
c0153302_23432937.jpg

入ると1階に2列テーブルがあるが狭い。地下にもテーブルがある。余りにも狭いのでどうしようか迷った。結構人の入りが良く隣にはフランス語を話す14-5人のグループがいた(一人英語だったのでたまに英語が聞こえた)。隣では紳士が待ち合わせのようでワインを飲みながら新聞を読んでいた(1時間以上後に待ち人が来た。奥さんか彼女が来るのかと思っていたが男で仕事の相手だったらしく書類を見て話していた)。地元の人が楽しむレストランだ、観光客向けでないのが良いかもと座った。

暑かったのでお勧めのビールを頼んでメニューを見る。当然だがフランス語。英語のメニューは無いという。
c0153302_23443438.jpg
c0153302_2345485.jpg

英語の話せる人が呼ばれ、今日のお勧めを聞いてオーダーした。前菜のお魚、メインにお肉とした。特に、珍しい材料は無いがフレンチではこんな物だと思う。
ワインは白は料理に会わせたお勧めを、赤は気張ってブルゴーニュの美味しいのを頼んだ。ラムを取ったので力強い赤ワインということで一寸高かったがお勧めを取った。

■ 料理

Brochette de coquiles Saint-Jaques grillees, beurre au basilik
Gambas geantes a la plancha
Calamars frits, sauce tartare

Ris de veau grille, gratin de courgettes
Care d'agneau bouquetiere, gratin dauphinois x2

■ ワイン

Chateau HAUT SELVE, Graves 2005
-- by Bouchard Aine & Fils
-- White
-- AOC: Graves
-- Region: Bordeaux
-- Country: France
-- Vintage: 2005
-- Varietal: Sauvinion Blanc 55%, Sauvinion Gris 10%, Semillion 40%
c0153302_23454917.jpg

Gevrey Chambert, Et Champs, 2000
-- by Bouchard Aine & Fils
-- Red
-- AOC: Gevrey Chambert
-- Region: Cote de Nuits, Bourgogne
-- Country: France
-- Vintage: 2000
-- Varietal: Pinot Noir 100%
c0153302_23462457.jpg

■ 食事

フランスとは違いベルギーではビールOKです。しかも美味しい。

白と赤ワインを持ってきて開け、赤はデキャンタへ。

前菜。3種類を3人で分けられるようにアレンジしてもらった。帆立のブロシェットはバジリコバターソース。火の通りが絶妙で、付け合せのズッキーニやグリーンビーンの甘さと合う。海老は材料の良さとチーズとバターの塩分で食する(写真は私の分だけ残った状態)。イカのフリットはタルタルにつけて食す。イカがプリプリして美味しい。
c0153302_23472373.jpg
c0153302_23475422.jpg
c0153302_23481349.jpg

ワインは予想通り力強く、土臭くしっかりしている。
メインは私はリードボーグリル、ほかの二人はラムロースト。リードボーは薄くスライスしてあり、柔らかく醤油味のようなソースで、ご飯が欲しくなった。ラムは綺麗なピンクのミディアムで一切れ貰ったが臭みも無く柔らかくワインと良くあった。付け合せの野菜も美味しかった。
c0153302_23493894.jpg
c0153302_23495375.jpg
c0153302_2350377.jpg

デザートワインとコーヒーで締めくくった。
c0153302_2351275.jpg


■ 感想

フランスならビストロというところ。やはり狭い。隣のフランス語に圧倒される。これも海外での食事と楽しむ。
地元の店の様でかろうじて英語を話せる人がいて何とかオーダーできた。日本のガイドブックに載っているのだが...
食事は楽しく、周りに負けないよう喋り捲り、満足して店を後にした。雨が降り出したので急いでホテルに直行した。

次へ(出張2008年9月-第九日目-疲れた日)  [目次]
by AT_fushigi | 2008-11-20 23:51 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/10186479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 出張2008年9月-第九日目-... 中国・米国出張2008年11月 >>