出張2008年9月-第十日目-ジェノバ旧港散策


レストランを出て一寸散策です。目の前にボートが係留され港町の風景です。この当たりはPort anticoという昔栄えたジェノバの港です。ここから山方向に街が広がっています。
c0153302_1447349.jpg

目に付くのが、蛸の足のような柱で建物の屋根を吊っています。これがEXPOが行われた会場だそうです。その足の一本にゴンドラがぶら下がっています(写真右)。
c0153302_1448014.jpg

早速行くと40mの高さまで吊り上げられ、旧港と旧市街を一望できるとのこと。一人3EUです。
c0153302_14483364.jpg

天気も良かったので、絶景でした。山の方向には世界遺産に指定された旧 “レ・ストラーデ・ヌオーヴェ”と、それらの通り沿いに建つ旧貴族達の館群パラッツィ・デイ・ロッリも見えます。サンロレンツォ教会縞模様も見えます。次回は時間を見つけてぜひ訪れたいと思います。
c0153302_145029100.jpg
c0153302_14503919.jpg
c0153302_14504663.jpg

Bigoも上から見るとこの迫力。
c0153302_14551978.jpg

降りれば、昼下がりのプロムナード。振り向くと今上がったゴンドラが見えます。
c0153302_14572824.jpg
c0153302_14575495.jpg

高架の高速道路の下を通って旧市街の方へ。皆スーツなので非常に危険なので中へは入れないとイタリア・ミラノのスタッフが言うのでカメラや鞄をしっかり抱いて行きます。
San Giorgioの地下鉄駅。
c0153302_1521217.jpg

そして、Palazzo San Giorgioです。ここは港湾局が置かれ商品取引の場としても使われていました。外装は新しいが結構歴史ある建物です。その前は税関、更に15世紀以前は牢獄だったということです。そして、マルコポーロもここに囚われの身となり、ここで語った話が「東方見聞録」となったそうです。
c0153302_1573057.jpg

旧市街の建物と中に入っていく細い路地です。一寸怖い感じでした。
c0153302_1584057.jpg
c0153302_1585447.jpg

広場を横切り駐車場に戻り、水族館、帆船を見ながらミラノへ向かいました。
c0153302_1512090.jpg
c0153302_15121729.jpg


最後にGoogle Earthで旧港見物のルートを示します(ダブルクリックで拡大)。
c0153302_15132018.jpg


次へ(出張2008年9月-第十日目-ミラノでDinner、白トリフ!) [目次]
by AT_fushigi | 2008-11-24 15:14 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/10195391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 出張2008年9月-第十日目-... 出張2008年9月-第十日目-... >>