出張2008年9月-第十日目-ミラノでDinner、白トリフ!


ミラノのホテルで明日の事前打ち合わせをして9時からDinnerです。ホテルの近くのレストランです。ここは度々利用しています。同名のレストランも近くにありこちらもよく利用します。お魚とお肉と分かれているので姉妹店ではないかと思っていますが定かではありません。ちなみにお魚のお店はMichelinに載っており二つフォークです。今日はランチがジェノバでお魚だったのでお肉のほうです。

■ お店情報
c0153302_17384730.jpg

Ristorante Brasserie Mediterranea
-- Address: via Benedetto Marcello 93 a Milano
-- Telephone: 02 2049611
-- Open Time: Wed-Mon 12:00~14:30, 19:00~23:00
-- Closed: Tue 
-- Credit Card: OK
-- http://www.brasseriemediterranea.com/

■ お店

中央駅から徒歩圏内(日本人にとって)にあるが周りが暗く不安になるような場所にある。そこだけが明るいのですぐに分かる。時々一人で来ていたが問題が起こったことはない。しかし、一人歩きはやめたほうが良いかも知れない。
ここはお肉のお店だが、Michelinに載っている同名(Mediterranea)のお魚のお店もある。ロープ結びのマークが同じなのでおそらく姉妹店だろうが確認できていない。お肉とお魚で食べたいほうで決めてよく利用する。
入り口にバーとワインセラーがあり、特に食後酒の種類が多く、席に案内されるまで見ているだけで楽しめる。数百ユーロのグラッパなどに歓声が上がる。
c0153302_17412149.jpg
c0153302_1742025.jpg

9人と大勢で押しかけた賑やかなグループになったが問題ないブラッセリーである。スプマンテの食前酒のサービスを受けて現地のスタッフがオーダーする。私達はお喋りに熱中する。イタリア人、ドイツ人、アメリカ人、日本人なので英語。
c0153302_17431710.jpg


■ 料理

Antipasti:
Parma prosciutto(パルマの生ハム)
Insalata di Caprese(トマト、モッツァレラとバジルのカプリ風サラダ)
Bruschetta di pomodoro(トマトのカナッペ)
Fritti Mix(野菜のフリット)
patatine(ポテトチップス)
Primo:
Risotto con tartufo bianco(白トリフのリゾット)
Secondo:
Bistecca alla Fiorebtina(フィレンツェ風ビーフステーキ。)

■ ワイン

Amarone della Valpolicella Doc Classico, 2004
-- by ZENATO
-- Red
-- DOC: Amarone
-- Region: Veneto
-- Country: Italy
-- Vintage: 2004
-- Varietal: corvina, rondinella and sangiovese
-- http://www.zenato.it/eng/index.php
c0153302_17441654.jpg


Il Bruciato, Tenuta Guado al Tasso, 2006
-- by Antinori
-- Red
-- DOC: Bolgheri
-- Region: Toscana
-- Country: Italy
-- Vintage: 2006
-- Varietal: Cabernet Sauvignon 60%, Merlot30%, Syrah and others 10%
c0153302_17485582.jpg


Tancredi, Donnafugata, 2005
-- by Donnafugata
-- Red
-- DOC: Contessa Entellina Rosso
-- Region: Sicilia
-- Country: Italy
-- Vintage: 2005
-- Aging: 14 months
-- Varietal: Nero d'Avola 70%, Cabernet Sauvignon 30%
c0153302_1751661.jpg


■ 食事

ここはお喋りと食事が両立するイタリア。口は常に動いているが、それだけでなく全身で楽しむ。
まず、Amaroneが登場。ボトルを確認しテイスティングの後デキャンタに注ぐ儀式を全員お喋りしながら目で追う。
c0153302_17591693.jpg

それから、Toscanaのワインが注がれ、Antipastiが来る。
全員に生ハムのお皿。これには日本人はこれで十分という反応。でも、さらっと平らげる。
c0153302_1841644.jpg

カプレーゼとブリスケッタが大皿で来た。水牛のミルクを使った(当たり前か)モッツェレラはふんわり美味しい。トマトも味が濃い。
c0153302_1852256.jpg
c0153302_1882577.jpg

フリットの盛り合わせとポテトチップス。フリットはズッキーニの花に大騒ぎ。「ポテトチップスがイタリアで出るのか」と大きな声が聞こえた。
c0153302_18122718.jpg
c0153302_18133410.jpg

いつの間にかワインはDonnnafugataに。実は赤は初めて。「Donnnafugata」の意味はと言うのでまた盛り上がる。
さて、今日のメインイベント。Primoの「白トリフのリゾット」が来る。お店の人がトリフを削る。トリフは木箱に大事に保管されている。それを削り器でスッスと削っていく。この時はさすがにシーンとして削る手に注目が集まる。数分後トリフのお喋りで盛り上がる。
c0153302_18142550.jpg
c0153302_181518.jpg

ここでAmaroneが注がれる。大好きなワインなのでじっくり味わう。
Secondoはビーフ。真っ赤なレアなお肉で食べ放題と言う感じで何皿も出る。最初はもう食べられないと言っていたが結局完食。一人一ポンドの割合と言っていたがお肉の国の人が半分なので...でも私も結構食べました。
c0153302_1816512.jpg

デザート、コーヒー、食後酒と食事の後を楽しむ。気のあった仲間との食事は楽しい。
c0153302_1817134.jpg
c0153302_18175164.jpg
c0153302_18182483.jpg
c0153302_18191463.jpg


■ 参考

もうひとつの「Mediterranea」。

Mediterranea
-- Address: piazza Cincinnato 4 I - 20124 MILANO
-- Telephone: 02 29522076
-- Open Time: [Mon-Sat] 12:30~14:30, 19:30~22:30
-- Closed: Dec/30-Jan/10, Aug/5-25, Mon Lunch
-- Credit Card: OK
-- http://www.ristorantemediterranea.com/


次へ()  [目次]
by AT_fushigi | 2008-11-26 17:22 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/10206939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 出張2008年9月-第十日目-... 出張2008年9月-第十日目-... >>