出張2008年9月-第十日目-ミラノでDinner、生ポルチニ茸のパスタ!


今日はみっちりお仕事。ヨーロッパ最終日なのでアメリカ人と日本人を除いて夜の便で帰国しました。日米伊といっても米伊は一人ずつのDinnerは思いっきり日本語です。
まず、Duomoへ地下鉄で。午後7時半を過ぎていたので当然Duomoの中には入れません。まずはDuomoが見えるカフェビールで乾杯。他の場所で仕事をしていた日本人も加わり、"Cafe Mercanti"にはしご。ここではBruschettaなどつまんでシャンパンとビールで乾杯しました。
c0153302_151612.jpg
c0153302_16464.jpg
c0153302_173191.jpg

9時ごろ予約していたレストランへ移動。


■ お店情報
c0153302_183680.jpg

RESTAURANT "AL MERCANTE"
-- Address: Piazza Mercanti, 17 20123 Milano
-- Telephone: 02 8052198
-- Open Time: [Mon-Sat] 12:00~14:30, 19:00~22:30
-- Closed: Sun 
-- Credit Card: OK
-- http://www.ristorantealmercante.it/index.htm

■ お店

何回か利用したことがあるが静かで気持ちの良い店だ。Duomo近くのPiazza del Mercanteの目の前にある。夜になるとrestaurantのサインがあり気が付くが昼は一寸分かりにくい。
c0153302_1114718.jpg

1階と2階に席がある。1階は大皿のビュッフェやお魚が並べられていたりする。スプマンテで乾杯し伊人にオーダーは一任。
c0153302_1101982.jpg
c0153302_1105870.jpg


■ 料理

Antipasto:
Fiori di zucca (ズッキーニの花)
Olive ascolane(オリーブの肉詰めコロッケ)
Mozzarella di bufala(モッツァレラ)
Prosciutto di parma(パルマハム)
Prosciutto umbro al coltello(ナイフで切った生ハム))
Salame campagnolo(この地方(ミラノ)のサラミ)
Insalata di mare(海の幸の温製)

Primo:
Tagliatelle ai fungi porcini(ポルチニ茸のタリアテーレ)
Raviori(リコッタチーズと季節の野菜のラビオリ)

■ ワイン

Rocca delle Macie Cianti Classico 2006
-- by Rocca delle Macie
-- Red
-- DOCG: Chianti Classico
-- Region: Toscana
-- Country: Italy
-- Vintage: 2006
-- Varietal: Sangiovese 90%, Merlot 5%, Canaiolo 5%
-- http://www.roccadellemacie.com/
c0153302_1125323.jpg


Cantine Volpi Barolo DOCG - 2004
-- by Cantine Volpi
-- Red
-- DOCG: Barolo
-- Region: Piemonte
-- Country: Italy
-- Vintage: 2006
-- Varietal: Sangiovese 90%, Cabernet Sauvignon 5%、Merlot5%
c0153302_1141281.jpg


■ 食事

まず、ワイン。キャンティクラシコ。このキャンティはしっかりしている方。
先付けのように前菜の盛り合わせが来る。オリーブアスコラーネは今回狙っていた前菜。でも、一人一個。もっと欲しい。お決まりズッキーニのフリット、バッファローのモッツァレラと進む。プロシュート2種とサラミ。プロシュートの一つはナイフでカットした物と言う。ナイフでカットすると厚くしっかり味わえる。
c0153302_1152419.jpg

海の幸の温製。大好きなムール貝やイカを楽しむ。
c0153302_1333374.jpg

っと、ここでプロシュートとサラミの大皿が来た。ワインと楽しむ。
c0153302_1343248.jpg

今度はプロシュートだけだ。
c0153302_1452670.jpg
c0153302_1494121.jpg

途中でワインはBaroloへ。重厚なワインだ。
今日のお楽しみ2種のパスタ。生ポルチニ茸のパスタは毎年の楽しみ。
c0153302_1504629.jpg

Secondoは無し。これには私は一寸不満だが、日本人の胃袋を考えたと言われた。プロシュートとワイン、ポルチニ茸を十分楽しんだので良しとしよう。

カフェとグラッパの後Duomo方向へぶらぶら、ESPRITの大画面が人気の無い広場で明るい。
c0153302_158498.jpg
c0153302_153249.jpg

駅に着くと駅員さんが怒鳴っている。終電がまもなく来るのだそうだ。もう12時近い。切符は買ってあったので問題なし。来年の再開を約束してホテルへ戻る。おやすみ。
c0153302_154396.jpg


次へ(出張2008年9月-第十一日目-足止めだけでなかった!)  [目次]
by AT_fushigi | 2008-11-28 02:08 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/10217190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ち~坊 at 2008-11-28 08:54 x
ズッキーニとオリーブのフリット大好きです。
ズッキーニの花はもうギリギリ最後だったのではないでしょうか。
手切りにする生ハムは良質の物なのでさすがに美味しいですが
私は機械で切った方が歯ざわりが好きです。安上がりですね。(笑)
それと旬真っ只中の生ポルチーニ、美味しそうです。
ずいぶん前に買って来た乾燥ポルチーニを処分すべく、昨夜オムレツにしました。
香りはほとんどなくなっていましたが、それなりに美味しかったです。

今回のATさんが召し上がったようなメニュースチョイスは、ひとり旅の時私もよくします。
というよりアンティパストとワインだけで充分な量なので、プリモ迄で精一杯です。
コースで取らないと・・・なんてお店ずいぶん減りましたよね。
立派なお店へはひとりでは行かないからかもしれませんが・・・
Commented by AT_fushigi at 2008-11-28 23:02
ち~坊さま
まったく同感です。イタリアでは料理は自由だと思います。前菜の美味しそうなのをセコンドにしてもらったことも何回かあります。
私にはイタリアでは高級そうなリストランテは行く気がおこりません。せっかく楽しいトラッテリアがたくさんあるのにわざわざそういうところにいく必要もありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 出張2008年9月-第十一日目... 出張2008年9月-第十日目-... >>