中国・米国出張2008年11月-第一日目-武漢で遅いDinner


中国・深圳から顧客と一緒に飛んでくる現地スタッフと待ち合わせ、タクシーでホテルに向かいます。待つ間も近くの喫茶店でビールです。食事前なのでつまみはピーナッツだけです。

武漢では大学のある発展中のエリアは市を挟んで空港の反対側にあり1時間半のドライブで疲れます。
ホテルは前回の出張でBusiness Lunchを取ったホテル「湖濱花園酒店」です。赤い廊下が中国らしい。
c0153302_1513592.jpg
c0153302_151447.jpg
c0153302_1515286.jpg

中国・深圳から顧客と一緒に飛んでくる現地スタッフと待ち合わせたのでホテルのチェックインは午後8時過ぎとなってしまいました。都会だと問題ないのですが、武漢はまだ昔の時間ということで、このホテルでもレストランは9時までということでした。実際8時半に着いた時はラストオーダーが終了していて、客も私達と入れ替えのように出て行った一組しか残っていませんでした。現地スタッフが交渉し、厨房と相談して料理してもらえることになりました。

まずは現地のビール「雪花」Snow Beerで乾杯。中国の方は皆室温で飲まれる。冷やしたビールは世界的にも当たり前ではないのだ。私もここは室温で。冷やすと味が薄くなりそれこそ喉越しだけになる。室温だと味が分かります。冷やしたビールっておいしくないビールの飲み方なのかもしれません。お酒も冷より室温のほうがおいしいお酒が多いのですから。
c0153302_1422918.jpg

料理は次々と出ます。私の前に来たのは写真を撮りましたが、他は周ってきたときは写真になりません。顧客と一緒のときはしょうがありません。
野菜と目の前の湖で取れたお魚が中心の組み立てでした。
c0153302_1425017.jpg
c0153302_143024.jpg
c0153302_143970.jpg
c0153302_1431680.jpg
c0153302_1432333.jpg

武漢空港での待ち時間にも飲んでいたのですっかり良い気分です。
明日は早いということでシャワーを浴びてベッドに直行です。

PS:レストランの壁の水槽に泳いでいたというかガラスに立ってへばりついていたこの魚は何という名前なのでしょうか。口をパクパクさせる様子は奇妙で、可愛らしく、気持ち悪かったです。
c0153302_1452261.jpg


次へ(中国・米国出張2008年11月-第二日目-武漢から香港は国際便)  [目次]
by AT_fushigi | 2008-12-22 01:45 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/10394742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tabineko-hanzou at 2008-12-22 22:12
ごはん食べれて良かったです(笑)これ大事ですよね!!
以前旅中に小さな村に着いた時は夕方で
お店が何処もやっていないし近隣の村にも何もなく
持っていたお菓子などで何度か過ごした事があります(笑)

野菜大好きです。美味しそうですね♪
お料理の3枚目4枚目は赤いですが辛い料理なんですか?

>ブログ始めるのが一大決心とありましたが・・・実は私もなんです(笑)
すごいパソコン音痴で周りでもブログしている人がほとんど居なくて!?
お互い長く続けられるといいですね(^^)


Commented by AT_fushigi at 2008-12-23 14:19
たびねこさま
コメントありがとうございます。
そうなんです。辛い物が多かったです。いま、中国では四川料理が大流行だそうです。やはり辛さのレベルを選ぶことができて普通だそうです。この上に2,3段階あるそうです。
出張報告では毎回10-20枚の写真をアップするので選んだりするのが楽しいし、色々思い出したりしています。まだ始めて1年、楽しんでいます。
っと、そうか1周年を過ぎたのを忘れていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国・米国出張2008年11月... 中国・米国出張2008年11月... >>