5月のお酒、「加賀鳶」純米吟醸2種、「七笑」純米、「飛露喜」特選純米吟醸、「安東水軍」純米無濾過


5月に購入したお酒をまとめて紹介します。購入順です。家族で楽しんだお酒です。

東急吉祥寺店のお酒売り場を時々覗きます。加賀鳶のフェアみたいに並んでいました。私は純米吟醸の方が好み。このお酒は、大好きだった京都・粟田町「卯庵」(閉店しました)でのいつものお酒でした。一度無くなった事があって先斗町の「卯月」に取りに行って下さったことを思い出しました。

「加賀鳶・無濾過・極寒純米」
  蔵元:福光屋
  所在地:石川県金沢市
  酒度:+7、酸度:2.3 、アルコール度:18%
  酵母:?、米:山田錦(25%)+五百万石(75%)、精米歩合:65%
  (購入記録、2009年05月、720mL、1,200円)
c0153302_199347.jpg
c0153302_199969.jpg


「加賀鳶・純米吟醸」
  蔵元:福光屋
  所在地:石川県金沢市
  酒度:+4、酸度:1.4 、アルコール度:16%
  酵母:?、米:山田錦(60%)+金紋錦(40%)、精米歩合:60%
  (購入記録、2009年05月、720mL、1,400円)
c0153302_1993072.jpg
c0153302_199342.jpg


常用酒を探していて購入したお酒。ちょっと薄くていまいちの評価でした。

「七笑・純米」
  蔵元:七笑酒造
  所在地:長野県木曽郡木曽町
  酒度:+3、酸度:1.4 、アルコール度:15.3%
  酵母:1001号、米:美山錦・トドロキ、精米歩合:60%
  (購入記録、2009年05月、720mL、1,100円)
c0153302_1910671.jpg
c0153302_19101262.jpg


4月に名古屋に歌舞伎を見に行ったのですが、以前の観劇の時美味しいお店で出された飛露喜を思い出しインターネットで買ってみました。普通の純米吟醸はどこも売り切れで期間限定酒を購入しました。チョコレート色のパッケージとラベルがその味を表す色でした。開けたてより暫くしてからが美味しかったですが結構癖のあるお酒です。

「飛露喜・特選純米吟醸」
  蔵元:廣木酒造
  所在地:福島県会津坂下町
  酒度:+3、酸度:1.4 、アルコール度:16%
  酵母:1001号、米:山田錦、精米歩合:50%
  (購入記録、2009年05月、720mL、2,600円)
c0153302_19113423.jpgc0153302_19114196.jpg
c0153302_19114677.jpg


赤ラベルでない安東水軍を見て買いました。期間限定酒ですが美味しかったですよ。

「安東水軍・しぼりたて・純米無濾過生原酒」
  蔵元:尾崎酒造
  所在地:青森県西津軽郡鯵ヶ沢町
  酒度:+3、酸度:1.7 、アルコール度:17-18%
  酵母:?、米:華想い、精米歩合:50%
  (購入記録、2009年05月、720mL、1,500円)
c0153302_19123846.jpg
c0153302_19124236.jpg


我が家の常用酒。

「田酒・特別純米」
  蔵元:西田酒造
  所在地:青森市油川大浜
  酒度:+3、酸度:1.5 、アルコール度:15-16%
  酵母:?、米:華吹雪、精米歩合:55%
  (購入記録、2009年05月、1.8L、2,700円)
c0153302_191338.jpg
c0153302_19131210.jpg


居酒屋でガツンと来たお酒を最後に。裏ラベルにお米生産者の顔が...

「丈径(たけみち)・純米・無濾過生原酒」
  蔵元:王祿酒造
  所在地:島根県東出雲市
  酒度:+5.4、酸度:2.2 、アルコール度:17-18%
  酵母:?、米:山田錦(東出雲市産)、精米歩合:55%
  (飲酒記録、2009年05月、参考価格:1.8L、3,200円)
c0153302_19134180.jpg
c0153302_19145086.jpg



「お酒・ワイン」TOPへ
by AT_fushigi | 2009-06-08 19:15 | お酒・ワイン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/11709155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinn-lily at 2009-06-09 15:14
すごい勢いですね。
私も日本酒は大好きなのですが、なめる程度しか飲めず、飲める人がうらやましいのです。
それでさっぱりその方面詳しくなりません。
すこし甘口でフルーティーなものといったらなにがおすすめですか?
Commented by AT_fushigi at 2009-06-09 18:56
私が全部飲んでいるわけではありません(笑)。
私は接待や付き合いがあるので家では2合(7勺を3杯)を上限とし週2日の休肝日を課しています。守られないこともありますが...
すこし甘口でフルーティーなものの代表は「十四代」ではないかと思います。いろいろ種類があるのですが本丸で十分かと。
お酒は最近は安くて美味しいものが入手できるので楽しいです。和食は良い材料があって、調理や出汁などで美味しさを引き出し、お酒はそれを膨らませるものだと思います。ワインとは全く異なる役目だと思っています(もっとも材料や料理に関し豊かなイタリアではワインの重みはフランスとは違うと思います)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 日々徒然-インフルエンザ対応、... 付録-「伊右衛門」-「京飴綾小路」 >>