お土産の花開くジャスミン茶


香港空港で娘に頼まれた花開くジャスミン茶を購入しました。百合にしました。
c0153302_23131422.jpg

空港のお店は高いので一個当たり25元(350円)というとんでもない価格でした。日本で買うより高いと思います。ただ、工芸嗜好品なのでピンキリだとは思うのですが。

花と括られ丸く加工された、2-3cmくらいのお茶の玉です。
c0153302_22572862.jpg

早速帰国した次の日に入れてみました。ちょうど良い透明の入れ物が無かったので耐熱ガラスの紅茶ポットに。

開くのを皆でじっと見ています。中国茶の香りに百合なのでしょうか花の香りがします。結構楽しく飲んでいたら写真を撮るのを忘れてしまいました。下の写真は5杯目です。
c0153302_22584226.jpg
c0153302_2259491.jpg

あとでポットの渋を十分取ればよかったと思ったのですが後の祭りです。

結構イベントとしてもお茶の味も楽しめGOODなお土産になりました。
by AT_fushigi | 2009-06-25 23:01 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/11823448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sfarina at 2009-06-26 07:32
わたしも、台湾に行った時ですがジャスミンの花開くお茶かったのですが
こう、花開く感じを待つ・・・こんな時間も良いですよね。
その後の時間もゆったりすると言うか。
出張お疲れ様です。
Commented by shinn-lily at 2009-06-26 07:36
わたしが上海で買ったのは千日草だったような・・・。
すごいですよね、中国人のセンスとアイディヤ!
Commented by AT_fushigi at 2009-06-26 10:30
sfarinaさま
コメントありがとうございました。お誕生日おめでとうございます。
中国人にとってお茶を時間をかけて楽しむのが至福と聞いたことがあります。実は時間があったので空港のこのお店でお茶をいただきました。
Commented by AT_fushigi at 2009-06-26 10:36
shinn-lilyさま
これはハーブ茶と考えていいと思います。セラピー効果もあると思いますし、私が知らないだけで漢方的に意味があるのかもしれません。
中国四千年の知恵と言うところでしょうか。中国に出張すると驚くことがまだまだあります。出張先は都会かハイテク都市なので地方に行くともっと驚くことがあると思います。いろいろ回りたいのですが...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「夏の風景」@佐藤美術館 中国出張2009年06月-第三... >>