中国出張2009年07月-第二日目-六つ星ホテルでDinner


この日は仕事の後にDinnerで東莞に出かけました。ホテルの部屋から見える虎門大橋を渡ります。有料で片道20元だそうですが往復40元を払うと言っていたような。
c0153302_23222770.jpg

Dinnerは自称六つ星ホテル「富盈酒店」のレストラン「富苑中餐庁」です。サービスのいい店でした。
c0153302_2318939.jpg

最近は輸入ワインでもてなしたりもてなされたりが多くなりました。この日も輸入ワインで通すと言われました。昨日の乾杯の応酬があったのでほっとしました。
ワインは結局2種類。オーストラリアワイン:BIN28 Kalimna Shiraz (ワインショップ通常$20位)とカリフォルニアワイン:Belinger Foundre's Estate (ワインショップ通常$10位)でした。
c0153302_2259473.jpgc0153302_23414279.jpg

中国ではワインも乾杯の対象なので少ししか注いでくれません。「乾杯」で飲み干します。私は多めに注いでもらって普通に飲んでいましたが(乾杯の声があれば一口づつ)、ワインの飲み方はワインの歴史のある国に倣った方が良いと思います。
c0153302_2301413.jpg

さて料理ですが、この日は日本と電話連絡があったので全部の写真を取れませんでした。残念ですが。前菜もありません。お肉が無いですね。

冬瓜のスープ。種をくりぬいてスープと身を入れ蒸します。中をこそげ取ってくれます。これは最高。
c0153302_231062.jpg

お魚の清蒸。取り分けてくれました。
c0153302_2314068.jpg
c0153302_232422.jpg

雁?
c0153302_233017.jpg

ツブ貝(?)の醤油煮。
c0153302_233317.jpg
c0153302_2361380.jpg

やわらかい豆腐。中は挽肉。絹豆腐のようにふわふわでした。
c0153302_2365640.jpg

苦い野菜の茎。苦味が心地よい。
c0153302_2383599.jpg

白菜と豆腐。スープの濃い湯豆腐。
c0153302_239333.jpg

炒飯
c0153302_2395095.jpg

饅頭。
c0153302_23101974.jpg

ねぎと卵と小麦粉でクレープのように巻いたもの。
c0153302_23104541.jpg

マンゴウパイ。
c0153302_2312682.jpg


次へ(中国出張2009年07月-第三日目-深圳空港から上海へ)   [目次]
by AT_fushigi | 2009-07-17 23:12 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/11962944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinn-lily at 2009-07-19 11:52
世界3大料理って中華・トルコ・フレンチって聞きましたが、
本場のフレンチは重い、トルコ料理は煮すぎ、でも中華料理には脱帽です。
Commented by AT_fushigi at 2009-07-19 17:18
shinn-lilyさま
個人的にはフレンチよりイタリアンのほうが好きです。以前はイタリアン贔屓でしたが今は中華に夢中です。奥が深すぎて、全容が掴めていません。そして、毎回感心しています。
Commented by 歓顔 at 2009-07-19 22:43 x
どうも、はじめました。偶然、ブログを拝見しました。
中国によく出張されるんですね!私も仕事関係でたまに北京へ出張行くときがあります。でも、中国の南の方がいろいろ面白そうですね。
写真もとても素敵です。
Commented by AT_fushigi at 2009-07-20 01:00
歓顔さま
訪問・コメントありがとうございました。
北京へは3回出張で行った事があります。出張の合間に月並みですが長城と紫禁城に行って来ました。
北京も京劇を見たり楽しかったです。観光客用を見たのですが、次回は本物の京劇を見てみたいです。北京の問題は空気汚染。オリンピックころにも行きましたが空気がひどいのは閉口しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2009年07月-第三... 中国出張2009年07月-第一... >>