中国出張2009年07月-第三日目-上海Dinner


Dinnerは現地スタッフ4人と。伊勢丹の入っている梅龍鎮の7Fにある翡翠酒店(上海市南京西路1038号)です。

個室に通されました。背もたれが高い、面白い椅子です。
c0153302_1929192.jpg

結構洒落た店のようです。ただし、フロアにいるスタッフの数が少なく見えます。
c0153302_19295393.jpg

ビール。青島ビールですが、新しいビールとか。裏を見てびっくりなんとお米入りのビールでした。
c0153302_19303845.jpg
c0153302_1941412.jpg


まずは、前菜。
平べったいお米の麺に濃厚な味噌のようなたれがかかっています。癖になる美味しさです。ぬるっともっちりを併せ持つ食感と濃厚なたれは麺食いには堪りません。
c0153302_19311991.jpg

筍は醤油でしっかり煮付けてありました。コリコリ食感が楽しい。
c0153302_19313198.jpg

鳥の各部分を煮付けたもの。どれも美味しかったです。鳥の足を歯でこそげる様に食べます。
c0153302_19315423.jpg


海老とカシューナッツ。海老のプリンプリンと口いっぱいに広がる独特の美味しい匂いに「ハオチー」
c0153302_19321878.jpg

豚の甘辛醤油煮。なぜかこうの味のものが多い。オーダーしたスタッフの好みなのかも知れない。
c0153302_19323378.jpg

海老と冬瓜のスープ。我が家の定番ですがプロが作ると味が複雑です。いろいろ体に良い物が入っているのでしょう。
c0153302_19324840.jpg

鰈の清蒸。淡白な鰈にぴったり。骨の周りの身に火がやっと通った位の絶妙の蒸し加減にはいつも感心します。
c0153302_19331992.jpg

茄子の蟹あんかけ。これはしょうゆ味の揚げ煮したナスにあっさりの蟹あんかけ。これは家で試さなくてはと思いました。
c0153302_19333442.jpg

野菜たっぷりの鳥のスープ。青梗菜の大きいような茎の野菜はなんというのでしょうか。聞き忘れました。
c0153302_19334916.jpg

海老炒飯。これは一口だけ。
c0153302_1934235.jpg

なぜか最後に小龍包。
c0153302_19341685.jpg


米国領事館が上の階にあるというので見学してお開きとなりました。
c0153302_19371042.jpg

現地スタッフは地下鉄に向かい、北京から来ていた営業の人ととホテルに戻りました。ブランデーで反省会というかまとめを行い、部屋に戻ると風呂に入ってすぐに寝ました。


次へ(中国出張2009年07月-第四日目-磁気浮上列車の運転室)   [目次]
by AT_fushigi | 2009-07-24 19:41 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/12004856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinn-lily at 2009-07-26 05:28
ここで私も食事をしました。
豚の角煮が名物らしく、みんなこれを食べていましたが、
私たちは上海グルメツアーだったので、朝を除き3日間もこんな豪華な食事だったので、とても食べ切れませんでした。
今思うと残念、この角煮が一切れでご飯を一膳食べられそう・・・hahaha貧乏根性ぬけないもので。
そのつきに杭州に行った時は食事はフリーにしました。
Commented by AT_fushigi at 2009-07-26 13:28
shinn-lilyさま
おっ、早起きですか?それとも海外でしょうか?
グルメツアーで食べきれないのは残念でしたね。私は上海より杭州のほうが好みに合いました。上海は少し甘たるい感じがします。

私はせっかくだからとこのような中華が続いても平気です。いくらでも食べても、もたれません。お茶も利いていると思います。中国の営業やスタッフがいろいろ考えてくれているからと感謝しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2009年07月-第四... 中国出張2009年07月-第三... >>