米国出張2009年10月-第一、二日目-Dinner


滞在したのはLos GatosというSan Jose, CAの西南の山と言うか丘というかの麓にある町です。

訪問先に紹介していただいたホテルです。質素だけれどリーゾナブルな価格と気持ちよい部屋と言うことでした。実際に質素でしたが、雰囲気もよく静かで居心地の良いホテルでした。Rateはspecialかも。
ここの道を右に曲がった丘の上にAppleのJobbsさんの家があるなどとLimoの運転手に観光案内された後、Los Gatosの町の端まで来て道が山道になりそうな一歩手前にあるホテルです。

TOLL HOUSE Hotel
-- 140 South Santa Cruz Avenue, Los Gatos, CA 95030
-- Telephone: +1-408-395-7070
-- www.tollhousehotel.com
-- Rate $119/day (in Oct. 26, out Oct.29)

c0153302_1039154.jpg
c0153302_10392915.jpg


ついた日の午後から会議です。実は初日は結構平気です。コツはホテルについても休まずすぐに仕事に向かうことです。最悪はベッドでひと休みすることで、これは後々まで引きます。


Hotelにも近いということでLos GatosでDinner。Los Gatosは結構洒落た町で今までもDinnerに数回来た事があります。
Dinnerは初日と言うことでカジュアルにビール工房です。町の中心の地下もある駐車場からすぐ側です。ホテルと同じ通りです。

Los Gatos Brewing
-- 130-G N. Santa Cruz Avenue, Los Gatos, CA 95030
-- Telephone: +1-408-395-9929
-- http://www.lgbrewingco.com/

c0153302_1053811.jpg
c0153302_10531639.jpg
c0153302_10532441.jpg

なんといってもビール。最初はそれぞれがビールを注文。私は無難なPilsner。
前菜数種。写真は生Ahiとはまちのタルタルとクラブケーキ。これ以外にも米国人の好きなイカ(Calamary)や海老のフライ。
c0153302_1133632.jpg
c0153302_1143961.jpg

前菜を摘みに賑やかに会話していると目の前を6杯のビールが隣のカップルのテーブルに。聞くとサンプラーとのこと。これは頼まずにいられません。
The Pilsner, The Pale Ale, Oktoberfest, British Mild, The Hefeweizen, Sherman Stout
の6種類が決して小さくないグラスに。名称から分かるように各国のビールと言うことです。私はPilsner、Octoberfest、Hefeweizenが好きでした。
c0153302_11132189.jpg

メインはポークチョップにしました。結構柔らかくて美味しいお肉でした。また、ぐちゃぐちゃに見えるフルーツの味のソースがお肉に良く合いました。
c0153302_11155364.jpg

この後、エスプレッソ、グラッパといつものコースです。こういう場所は大きな声で賑やかに楽しめるので親交を深めることができます。
ホテルに帰ったら、ウィスキーやブランデーでWarp-up Meetingをして、部屋に戻り、風呂から出るとほとんどバタンキューでした。



============================================

二日目は仕事三昧。


Dinnerは前の日のBrewing companyのすぐ側のステーキハウスです。Los Gatosはシリコンバレーで成功した人たちが集う町のひとつとして有名なので洒落たレストランが結構あり、値段もそれなりに高いとのこと。
Forbes Mill Steakhouse, Los Gatos
-- 206 N. Santa Cruz Ave., Los Gatos, CA 95030
-- Telephone: +1-408-395-6434
-- HP: http://forbesmillsteakhouse.com/

c0153302_11253758.jpg
c0153302_11255473.jpg

暗くしてあり、食事をしている人もいかにもシリコンバレーの人と言う感じ(勝手に決め付けてしまいましたが)です。あまりに暗いのとフラッシュを焚く雰囲気でもないので写真はありません。
前菜はPrime Filet Tipsが美味しかった。ビーフのフィレをレアで焼いて薄切りしたもの。日本で言う牛たたき見たいな感じです。2種類のソースで食べます。いつものCalamariやクラブケーキも。
アボカドの今日のスープのあとメイン。
一番グラムが少ないものを探すと、Kobe Beef Filet Mignonが6オンス(200gちょっと)で$58(Prime Filet Mignon (American Beef)の6オンス$28はメニューから消してありました)。同僚はKobe 6オンスを、私はPrime 8オンス($34)を頼みました。他の人はNY Stripとか大きいのを頼んでいました。こちらは1ポンド近くてFilet Minionと同じ位の値段でした。
焼き方は店によってまちまちで困ることが多いのですがメニューに分かりやすく書いてあるのもうれしいです。(HPにメニューのコピーがあったので掲載すると、)
  Black & Blue: charred outside, cold center
  Rare: very red, cool center
  Midium Rare: red, warm center
  Medium: pink center
  Mideun Well: slightly pink center
  Well: cooked throughout, no pink
好みのMideum Rareを頼みましたが美味しいステーキでした。きちんと塩味がしました(アメリカでは普通期待できない)。8オンス(350gくらい?)も味に飽きることなく完食しました。
後でオーナーがまわって来た時に同僚が食べたKobe Beefは本物かと聞いたら、これはオージービーフですとのこと。つまりオーストラリア産の和牛だったわけです。
そういえば、ソウルでオーストラリア産和牛フェアと言うのをホテルのレストランでやっていました。Wagyuは牛の種類だから育産地をきちんと表示すればまだ許せますが、Kobeは土地のブランド名なのだから問題だと思います。もちろんKobeが分かりやすいのは納得できます。NBAバスケット選手のKobe Bryantのおかげです。

ワインも美味しく楽しめました。

次の日フロリダから来たばかりという訪問先のスタッフが、昨日のステーキハウスは非常に高かったと言っていました。日本ではこんなものですと言っておきました。


次へ(米国出張2009年10月-第三日目-Dinner)   [目次]
by AT_fushigi | 2009-11-07 12:15 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/12875321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 米国出張2009年10月-第三... 米国出張2009年10月-第一... >>