中国出張2009年11月-第一日-日本人だけの中華夕食


中国は寒気が南下し各地で雪が降り気温も急激に下がったそうです。深圳は前日が30度近くになり半袖、今日は最高気温16度と急冷です。
北京から来て同じホテルに泊まっているスタッフが体調不良となり夕食は無理との連絡があり、日本人3人で夕食と言うことになりました。外は冷たい雨が降っていたのでホテルで食事と言うことにしました。この東華ホリデイインは洋食、日本、韓国料理の店がありますがやはり中華で全員一致です。

まずは青島ビールを頼んでメニューを見ながら頼みました。ホテルなので英語は通じるのですが材料や料理の仕方は漢字の方が分かりやすかったです。

突き出し。のれそれと胡桃。のれそれは唐辛子ベースのソースで和えてあります。胡桃は正に佃煮でした。両方美味しくてあっという間になくなりました。
c0153302_14313518.jpg
c0153302_1431411.jpg

スープ。料理は頼んだのですが順序は何も言わなかったので任せたと同じです。
鱶鰭と上海蟹のチキンベースのスープ。こういうスープは人を幸せにします。中華の本質はスープだと思っています。スープの美味しいお店は安心できます。
c0153302_17291553.jpg

帆立貝と茸のオイスター炒め。秋は茸です。2種類くらい入っているのですが名前が分かりません。一種類はマツタケ風ですが香りがしません。
c0153302_17312680.jpg

お豆腐です。リング状に美しく並べられた薄きりの豆腐と海老やアスパラガスの彩りや味のアレンジが美味しい。
c0153302_17352046.jpg

牛肉と茸のオイスターソース。これは先の帆立貝のとかぶってしまいました。お肉のお勧めと言うことで頼んだのですが。かぶってしまいましたが、お肉は柔らかく、茸も先のより大振に切ってあって違った楽しみ方ができました。
c0153302_17373910.jpg

渡り蟹とビーフンです。これは先日食して美味しかったので。
c0153302_17384898.jpg

野菜はホウレン草です。
c0153302_17392244.jpg

この量だと3人にはちょっと多かったです。お店の人も多いかもと言ってくれたのですが...帆立貝をオイスターソースでないのにすればよかったと思いました。
最初から最後までビールでした。
最後に果物が出ます。
c0153302_1742772.jpg



次へ(中国出張2009年11月-第二日-航空券購入して昼食)   [目次]
by AT_fushigi | 2009-11-26 17:43 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/13070628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dolcenori at 2009-11-27 01:45
今の季節でもまだすいかとメロン(?)があるのですか?
それにしても本場の中華料理はおいしそうで、イタリアで食べている中華は何なのだ!?と思ってしまいます。
盛り付けも素晴らしく、芸術作品のようです。

それにしても中国の開発度は目を見張りますね!
お写真拝見させていただいてますが、何だか遠い未来を再現しているような、スタートレックなどを見てる気分になります。
きっとイタリアに多くいる中国の方も同じ気分なのかしら?(笑)
Commented by AT_fushigi at 2009-11-27 11:34
dolcenoriさま
>イタリアで食べている中華は何なのだ
最新のdolcenoriさんの記事でイタリアの日本食も...私は「日本で食べている中華は何なのだ」と思っています。
中国って年中スイカがあるんです。食後必ず出てきます。お茶と言い、中国人の食事って結構健康的です。特に最近は健康志向が強いそうです。
中国の発展はすごいねと言うと、中国人は発展には表と裏があって裏を皆心配しているといいます。華やかな表だけを見ていてはいけないようです。そうは言っても、中国無しでは世界は考えられなくなってきているのは確かです。多くのビジネスでは中国を最重点に考えているでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2009年11月-第二... 中国出張2009年11月-第一... >>