中国出張2009年11月-第四日-観劇


坂東玉三郎主役の昆劇「牡丹亭」へ。チケットは上海のスタッフが購入してくれました。
オークラガーデンホテル上海から公演のある蘭心戯院まではカフェの出口を出た十字路の斜向かいです。煌煌と劇場の名前が光っています。
c0153302_14313939.jpg

入り口は人でごった返しています。
c0153302_14315028.jpg

チケットを切って貰ってホールに入ると花輪が並んで華やかな雰囲気が漂います。花輪には「TBS」と言うのもあり2010年TBS主催で公演があるようです。歌舞伎と違ってちょっとスノッブな感じです。
c0153302_14324560.jpg

入り口で筋書きというか公演のパンフレットを売っていました。30元でした。日本語と中国語の台本があってそれぞれ5元と2元でした。また、縦が1m近い大きなポスターもあり10元でした。このポスターはお買い得でした。写真はホテルに戻って撮った筋書きと台本です。
c0153302_1440236.jpg
c0153302_1440303.jpg

ポスターは壁に画鋲で止めて撮ったのですが光の具合が悪いです。
c0153302_14437100.jpg

ホールから中に入ろうとしたらまだ最後の調整の稽古中だというのです。演出の変更でもあったのでしょうか。

しばらくして扉が開き中に入ります。私の席は4列目の中央より少し右です。
c0153302_1534858.jpg

座席は下記のようになっており、黄色が1280元、赤が880元、ピンクが580元、青が280元です。黄色が一番声が聞こえる席だそうです。私は前方の赤の席の後ろのほうです。舞台が近いですが役者の顔がはっきり見えます。上海のスタッフが公演2週間前にとってくれましたが良い席が取れたと、ありがたく思っています。
なお、お気付きだと思いますが、座席はヨーロッパなどと同じで中央が1、そこから左右に2,3,4と振られています。このため、私の隣のご夫婦は番号が離れているのに隣だと喜んでいました。
見回すと日本人は3~4割くらいでしょうか。日本語も飛び交っていました。
c0153302_154274.gif


さて、幕が開き「牡丹亭」が始まりました。この内容は観劇のカテゴリーで別途報告します。

さて、フィナーレのカーテンコールです。
主役の兪玖林さんと玉三郎さん。脇役で一番拍手があったのがちょっと道化役の呂福海でした。
c0153302_15142068.jpg
c0153302_15143228.jpg


盛大な拍手のうちに終了しました。外は雨がぱらつき、今日は疲れたのでホテルに直行し、風呂、ビールでゆっくりしました。
c0153302_1542113.jpg
c0153302_15421928.jpg



次へ(中国出張2009年11月-第五日-朝食後の散歩)   [目次]
by AT_fushigi | 2009-12-28 15:43 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/13345878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nagi at 2009-12-28 23:16 x
はじめまして。
牡丹亭上海公演の記事とお写真を楽しませていただきました。
ありがとうございます。
玉三郎さんは2月から4月まで歌舞伎座さよなら公演にご出演です。
お時間とチケットが取れるといいですね。

オークラ上海のお料理も東京と同様やさしい中華のようです。
上海蟹のコース、美味しそう!日本ではいただけない価格です。
Commented by AT_fushigi at 2009-12-29 01:36
nagiさま
コメントありがとうございます。
はじめまして。よろしくお願いします。
3月4月も歌舞伎座に出演されますか。情報ありがとうございます。
4月までは歌舞伎座に足を運びたいと思っていますが...2月は夜の部に行こうと思っています。限られた日程の中でチケット争奪戦に勝てばですが。3、4月はどういう趣向があるのでしょうか。楽しみです。そうそう、1月は新橋演舞場で海老蔵です。
この上海公演のあと、12月の南座「顔見世」の揚巻を観ました。久しぶりの「孝・玉」で最後かも知れないと言うので時間とお金をやりくりして行ってきました。
そうですね。東京の中華に近いですね。日本人が多いホテルですのでしょうがないと思います。
Commented by shinn-lily at 2009-12-29 16:10
日本人の方が多いのですね。
経済に関してのの中国の方の意欲は目をみはるものがありますが、
このような文化に対してはどのような層がささえているのでしょうか?

アンコールの玉三郎さんの立ち姿、やっぱり美しいですね。
Commented by AT_fushigi at 2009-12-30 01:36
shinn-lilyさま
コメントありがとうございます。
今回観た「牡丹亭」は昆劇の一つで、ユネスコ世界無形文化遺産に指定されています(これは観劇のほうで紹介します)。
文化革命時は景徳鎮や京劇などはひどい目にあったようです。今は改善されていると思うのですが、心配は文化革命の代わりに経済成長という別の波が飲み込んでいるのではないかと言うことです。その辺はまだわかりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2009年11月-第五... 中国出張2009年11月-第四... >>