国内旅行2009年12月-京都-竹林、天龍寺


大河内山荘から天龍寺に向かう。途中有名な竹林を通る。振り返っても撮ってみた。晴天の真昼間に来る場所ではないような気がした。
c0153302_20293461.jpg
c0153302_20294067.jpg

竹林の道の隅に灯篭がおいてあった。そういえばどこかでもらったポスターにあった、次の週から始まる「京都嵐山花灯路」の準備なのだろう。
c0153302_20333913.jpg
c0153302_20334674.jpg

竹林が終わるころ天龍寺の裏口が見える。多宝殿中の紅葉に誘われて入る。
c0153302_2035262.jpg
c0153302_2035890.jpg

斜面を下っていくと大方丈と曹源池があった。既に紅葉は終わっていた。逆光だが嵐山が色づいていた。
c0153302_20365347.jpg
c0153302_2037138.jpg
c0153302_2037785.jpg
c0153302_20371336.jpg

法堂。
c0153302_20431270.jpg

総門から真直ぐ来たここから大方丈に入ることができる。
c0153302_20433219.jpg

裏の嵐山をもう一度見て総門へ向かう。途中で美しい紅葉があり多くの人が写真を撮っていた。
c0153302_20444816.jpg
c0153302_2045356.jpg

総門を出て案内にしたがいJR嵯峨嵐山駅に向かう。途中で懐かしい感じの郵便局を見た。
c0153302_20461448.jpg

電車で京都駅に向かう。
c0153302_20464334.jpg



次へ(国内旅行2009年12月-京都-青蓮院御開帳) [目次]
by AT_fushigi | 2010-01-07 20:46 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/13429287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tammys04 at 2010-01-09 00:47
どれもこれも本当に懐かしくじっくり拝見しました。ATさん写真上手です~。昨年はもみじに期待していたのですが、11月半ばでは無理でしたから、余計にこんなに綺麗な空の青と真っ赤なもみじのコントラストに心を奪われます。今年は日本で冬まで仕事が出来たらいいのにと心底思います(仕事のためというより紅葉狩りのため - 笑)
侘寂はある程度年齢を重ねないとその良さは分かりませんね。私も10代から京都に住んで、よさが少し分かったのは20代後半でしたが、今の思いとはまた違うものでした。また10年後にはもっと深く理解できるようになるのだろうと思います。京都はそういう意味で何度訪れても毎回新しい発見のある街だと思います。
Commented by AT_fushigi at 2010-01-09 11:15
tammyさま
コメントありがとうございます。下水道管の詰まりが解決して良かったですね。オチが良かったです。
私も京都は大好きです。安らぎが欲しくなると京都へ行きたくなります。
一方、京都は若者の街でもあり、新しいことが起こる、そして少し過激なところでもあります。こういう若者と侘び寂びが共存してお互いを邪魔しないようなところが良いと思っています。廃刊になった「京都CF」はそれを発信していました(昨年8月19日の私の記事参照)。京都なのに〆がラーメンですから。
今年は京都で紅葉を見ることができるといいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 国内旅行2009年12月-京都... 国内旅行2009年12月-京都... >>