国内旅行2009年12月-京都-青蓮院御開帳


二つ目の目的の青蓮院の不動明王御開帳です。9月から狙っていたのですが時間調整できず終わりの12月になってしまいました。
何年前のことになりますか、偶然通りかかった青蓮院に引き寄せられるように入って、お参りし頂いてきた青不動さんのコピー。しっかりした厚紙に印刷されたそれはベッドの横の壁でいつも私を見てくださるようになった。迷いが生じるといつも戒めてくれたお礼に御開帳は絶対行こうと思っていました。


門。既に混雑している。門の横には御開帳の高札。
c0153302_17162862.jpg
c0153302_17144154.jpg

いつ見ても立派な門の横の木。
c0153302_17164999.jpg

1,000円払って入る。パンフレットとお札を頂いた。(後姿の方は単に私の前にいた方)
c0153302_17183130.jpg

出るときに撮った入り口。側の紅葉がきれい。
c0153302_1719483.jpg
c0153302_17195693.jpg

c0153302_1542953.jpg

木村英輝という画家の手になる蓮の襖絵は色が鮮やかでありながらこの古い建物にマッチしていた。
c0153302_17345869.jpg

本堂中では撮影禁止ということですので外から。
c0153302_331746.jpg

青蓮院のお庭はいつ見ても落ち着く。
c0153302_332628.jpg
c0153302_3321683.jpg
c0153302_3322471.jpg
c0153302_3323579.jpg
c0153302_3324388.jpg
c0153302_333515.jpg
c0153302_3331540.jpg
c0153302_3333819.jpg

最後に門の楠に畏怖して青蓮院を後にした。
c0153302_3351694.jpg



次へ(国内旅行2009年12月-京都-南座・吉例顔見世興行) [目次]
by AT_fushigi | 2010-01-09 03:35 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/13440327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinn-lily at 2010-01-09 22:52
むかしから青蓮院という名前がなにか好きでした、漢字としてもうつくしいでしょう。お庭はもちろん美しいですが。
襖絵は衝撃的ですね。
おしゃるように、マッチしていたのでしょうが、自分の目でもたしかめたいような気持ちです。
Commented by AT_fushigi at 2010-01-09 23:51
shinn-lilyさま
コメントありがとうございます。
「しょうれんいん」と言う響きもいいです。
木村英輝さんのプロフィールとか作品を紹介するホームページを見るとなかなかユニークな作品を描く方であることが分かります。実際京都のレストランなどで作品を見ることができるようです。青蓮院の襖絵も紹介されています。(www.ki-yan.com)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 国内旅行2009年12月-京都... 国内旅行2009年12月-京都... >>