中国出張2009年12月(I)-第三日-Dinnerその後お茶


Dinnerは前に行ったことのある日本人デザインの中華料理レストラン「四季」です。
c0153302_2115517.jpg

白を基調としています。
c0153302_21162193.jpg
c0153302_211941.jpg

メニューを見るとちょっとだけ高目かもしれません。
c0153302_211602.jpg

クラゲ。大振でコリコリ。
c0153302_2120363.jpg

昨日空揚げで食べた魚の揚げ煮。空揚げのほうが香ばしくてよかったが、揚げ煮も悪くない。
c0153302_2122933.jpg

豚バラのトロトロ煮。
c0153302_21234542.jpg

キャベツなどの浅漬け。中国人には珍しい?
c0153302_21245844.jpg

蟹蒲鉾のスープ。何かだなあ。
c0153302_21254364.jpg

中国ブロッコリーの炒め。
c0153302_21263633.jpg

海老のフリット。
c0153302_21271449.jpg

麻婆豆腐。日本の麻婆豆腐。
c0153302_21285537.jpg

さつま揚げ風。
c0153302_21292759.jpg

炒飯。
c0153302_2130111.jpg

魚を開いての煮物。
c0153302_21313166.jpg

肉団子スープ。
c0153302_21324773.jpg

ひき肉の海苔巻き揚げ煮。
c0153302_21333862.jpg

渡り蟹の甘辛煮。
c0153302_21362143.jpg

海老の炒め煮。
c0153302_21371997.jpg

鶏とパイナップル煮。
c0153302_21382658.jpg

パイ皮のような中は蕪のデザート。
c0153302_21402358.jpg

蒸し菓子。
c0153302_214137.jpg

中国の人には新しい料理なのでしょう。でも、日本人を連れて行くところではないと思います。
お客は若い人とくにカップルがほとんどでした。お洒落なお店と言うことなのでしょう。
(クックパッドにあるような料理が多いと思いました)

夜の工業団地の中心地。
c0153302_2142105.jpg

ホテルのロビー、ビールでも飲もうかとみんなで見回すと茶房がありました。
c0153302_21431499.jpg
c0153302_21432364.jpg

ウーロン茶をいただくことに。
c0153302_21491150.jpg

お茶の友は南瓜の種などです。
c0153302_21495451.jpg

小さな湯飲みにお茶を注ぎ、大きな湯飲みで蓋をしてひっくり返します。
c0153302_21502084.jpg

そして、小さな湯のみを持ち上げると香りが広がります。そして、小さな湯飲みの香りを楽しんだ後お茶をいただきました。
c0153302_21503817.jpg

次々とほかのメンバーも加わりにぎやかなお茶になりました。

部屋に戻ると「晩安」”Good Night"。
c0153302_1693779.jpg



次(中国出張2009年12月(I)-第四日-武漢-北京、Q-LUNCH)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-01-29 21:51 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/13606557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinn-lily at 2010-01-30 21:29
すごいですね、12年前に北京に行っておいてよかった!
あまりのモダンさ、こうして変わっていってしまうのですね。

ホテルの朝食ビュフェ、これまで一番がトルコのアメリカ系ホテル、二番がヴェトナム、そして中国、けっこう朝からたくさん食べてしまうので要注意ではありますが(笑)
Commented by AT_fushigi at 2010-02-01 17:05
shinn-lilyさま
朝食は国や地域で違いますよね。中国はお粥やホテルによっては麺類をその場で作ってくれるので楽しみです。
トルコの朝食ってどういう感じなのでしょう。ヨーグルトや野菜果物がたっぷりなのでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2009年12月(I)... 中国出張2009年12月(I)... >>