中国出張2009年12月(II)-第一日-空から見る日本


いつも通りに早朝の中央線を走るNEXです。暗闇の中を入線して来ました。
c0153302_1247329.jpg

現在地表示にも高尾から来ている事が分かります。
c0153302_12474657.jpg

成田新高速鉄道も形を成してきました。日暮里-空港を36分で結ぶ。まあ、中央線沿線の私にとっては乗換えが2回になるので使うことは無いと思います。
c0153302_1248050.jpg


朝早かったので、ラウンジにて朝食。そばとお粥と...焼酎です。
c0153302_1248436.jpg


マイルでアップグレードしました。

無事離陸。離陸後の飲み物は瓶シャンパン。
シャンパーニュ・ポメリー・ブリュット・ロワイヤル N.V.
「ブリュット(辛口シャンパン)の先駆者として知られるシャンパーニュ・ハウスです。柑橘系の爽やかなフレーバーにやや甘いニュアンスが加わった香り。豊かな泡立ちが口いっぱいに広がります。エレガントで優しい酸味のバランスがよく、辛口で心地よい味わいです。」(ANA HPより)
c0153302_12491284.jpg


食事はビーフを選びました。飲み物はお酒。

前菜と口取り:鮭の昆布〆とふぐの焼きたたきのさしみ
    帆立貝の炙り寿司、海老のわさび風味
メインディッシュ:葱味噌風味の牛フィレ肉のステーキ
大根とじゃこのサラダ
ご飯、味噌汁
マロンのパウンドケーキ

「特別純米 男山」 (北海道)
「江戸時代から古今第一の銘酒として知られる北海道の蔵元。大雪山系の清冽な伏流水と冷涼な風土が生み出すその味わいは、国内ばかりか海外でも高い評価を獲得しています。北海道の厳冬と白銀の世界を表現した、芳醇で深みのある辛口酒です。」(ANA HPより)
c0153302_124937100.jpg


席が右の窓席だったのでいろいろ写真を撮りました。いくつか紹介。

成田空港。狭いですね。
c0153302_12501184.jpg

羽田空港。新しい滑走路が見えます。
c0153302_12503841.jpg

富士山。
c0153302_12505870.jpg

名古屋。
c0153302_1251324.jpg

高知。話題の桂浜が手前に見えます。
c0153302_1251506.jpg


香港空港でタイからの同僚を待って手配された車で深圳に。
c0153302_12523447.jpg
c0153302_1252431.jpg

国境ではいつも緊張します。
c0153302_12541668.jpg

2時間かけて南沙の定宿グランドホテルに着きました。
c0153302_12553327.jpg
c0153302_1255416.jpg


次へ(中国出張2009年12月(II)-第一日-もちろん中華Dinner)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-02-19 12:55 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/13770032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2009年12月(II... 日々徒然-歳時記2010年02... >>