中国出張2009年12月(II)-第二日-予定びっちりなのに...こんなランチ


今回の出張は、一日で南沙と深圳の2箇所での仕事で時間をきっちり管理しないといけないと思っていました。ところが、午前中の仕事が終わった時点で30分遅れ。訪問先とランチでしたが、日本人と米国人が心配していましたが中国人は食事を急ぐわけでもなく結局1時間の遅れになってしまいました。どんなシチュエーションでも打ち合わせの時間を守るという躾を受けている私たちには途中から違和感がありましたがここは中国と居直ってしまいました。
昨晩も食事したホテルのレストランは「Kapok(紅棉)」というのでした。粤菜とあるのはこの地方つまり日本で言う広東料理のことです。
c0153302_1125952.jpg

橋が見える眺めのいい個室を用意してくれました。
c0153302_1131324.jpg
c0153302_1132014.jpg

北京ダック(?)。飴煮(焼き)。あめ色が綺麗です。
c0153302_1134675.jpg

ミル貝だと思うのですがセロリ炒め。美味しい一品。たぶん[NEW]
c0153302_114269.jpg

鶏。
c0153302_1141344.jpg

牛肉野菜炒め。
c0153302_1142767.jpg

詰め物をしたレンコンとブロッコリーのスープ。詰め物はお餅の様なものでした。香り高い薬膳。たぶん[NEW]
c0153302_1154661.jpg

鶏の甘辛炒めが入った、南瓜蒸し。[NEW]
c0153302_1155862.jpg

清蒸、お菓子、果物。
c0153302_117079.jpg
c0153302_117990.jpg
c0153302_1171661.jpg

初めて食べる料理には[NEW]を付けました。


次へ(中国出張2009年12月(II)-第二日-結婚披露宴に遭遇)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-02-21 11:07 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/13783957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tammys04 at 2010-02-23 02:18
あああー、おいしそうな中華のオンパレードにお腹がグーです。
↓の中華とイタリアンの比較、結論が予想通りでした(笑)中華もイタリアンも私にはどちらか一つだけは選べないほど両方身体に良く美味しい料理だと思っています。
本場中国でのお料理をいつか食べてみたいですね。ハタの唇のスープが何よりも今の私の肌状態には必要だと思われ(爆)
出張ご苦労さまです。
Commented by AT_fushigi at 2010-02-23 18:25
Tammyさん
コメントありがとうございました。
お忙しそうですね。Tammyさんのご活躍祈っています。
私も中国で中華を食するようになって「目の鱗」が落ちたと思いました。これはイタリアンでも同じです。是非現地で味わってみてください。
メニューは現地のスタッフが私の好みを気にしてオーダーしてくれているのではないかと思うくらい私にフィットしています。野菜が多く、健康に良さそうな料理が並んでいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2009年12月(II... 中国出張2009年12月(II... >>