インド出張2010年02月-第一日-初A380


成田空港の第一ターミナル南ウィングの出国審査を出た正面のガラスの向こうにA380が見えます。
世界最大の旅客機、2階建てのA380。2007年10月世界に先駆けシンガポール航空シンガポールーシドニー間で就航。その後、2008年5月にシンガポール航空成田-シンガポール間に就航。私は初搭乗、楽しみにしていました。ちなみにANAの導入は2012年と言われていましたが遅れているようです。
c0153302_15432522.jpg

ANAラウンジで朝食。その前に、コートを脱ぎ、ヒートテックを脱ぎ(トイレで脱ぎました)旅行鞄に詰め込みました。鞄がパンパンに。この日は2月上旬でしたが寒さも和らいでいましたので厚めに来てコート無しでも良かったかもしれなかったのですが...(まあ、帰りに着てきてよかったということにはなりまして、無駄ではありませんでした)
c0153302_15433812.jpg

ゲートからは余り良く機体が見えません。やっと隙間から。
c0153302_15435987.jpg

ブリッジで1階席と2階席とで分かれます(写真無しです)。2階席の人はシールが張ってあるそうです。私は1階席です。
ブリッジから主翼を見ると先が下がるようにしなっています。飛ぶと逆になるのかなあと後で確認することにしました。
c0153302_15441499.jpg


成田-シンガポール間はアップグレード申し込みましたが対象席が満席だったのでエコ席です。込んでいるとも思えないので意外な気がしました。席が少ないということでしょうか。

機内は広く明るい感じで、好感持てます。スペースはちょっと広めに感じました。火曜日なので比較的空いていて窓側3席は一人、二人、真ん中の4席もほとんどがアイル側二人で悠々です。これでビジネス席が一杯とは思えないのですが。私のチケットが余りに低すぎたということでしょうか。
c0153302_1544481.jpg
c0153302_1544559.jpg

離陸。大きな機体のわりに747のような安心感はありません。エアバス固有の乗り心地なのか重い機体に比べて滑走距離を短く上昇しているためか分かりません。

エコ席でもメニューが。JAL/ANAのアジア線は無かったような。
c0153302_1546681.jpg
c0153302_15461541.jpg

食事前の飲み物は白ワインを。
c0153302_15464191.jpg

食事は和食。
  鶏の唐揚、チキンミートとサラダ
  冷たい季節の麺
  海老フライ カレー
  煎餅、チーズケーキ
飲み物はタイガービールにしました。
このときは何にも思わなかったのですが「海老フライ カレー」ですよ。このカレーは100%日本のカレーでした。まあ、セレクションの名前が「和食」ですから。この後、インドのカレーを堪能するわけですから良いレファレンスになりました。
c0153302_15465760.jpg

さて、初A380なのでエコノミーの領域をウロウロしようとしたら、「どうしたんですか」と声をかけられて席に着くように言われました。一番後ろに行きたいだけですと答えると自分の部屋にいるようにと行かせてくれません。こういう対応は初めてだったのでちょっと不機嫌に。どういうことなのでしょう。

とりあえず飛んでいるときの主翼。まっすぐでしょうか。揚力を得るためのフラップのレールが5本も見えます。
c0153302_15474343.jpg

トイレも新しい以外特に目立った特長は感じられません。
c0153302_15475748.jpg

エコ席なのにインターネットのRJ端子がありました。接続しましたがうまくアクセスできませんでした。
c0153302_15481259.jpg

TVはこういう感じで快適です。「二十一世紀少年III」を観ました。
c0153302_15482524.jpg

夕方、シンガポール着。A380のユニークな犬のようなお顔です。
c0153302_15483927.jpg
c0153302_15484649.jpg



次へ(インド出張2010年02月-第一日-機内食でカレー始まる)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-02-27 15:48 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/13831290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dolcenori at 2010-03-02 07:55
清潔感あふれる機内ですね。
さすがシンガポール航空。
エビフライも大きいですし、ATさんが書かれていたので思い出したのですが、食事のお品書きはアリタリアには既に存在していませんでした。笑
シンガポール航空、客室乗務員の制服がセクシーでシンガポールで同じようにオートクチュールで作ろうか悩みました。(作りませんでしたが)
懐かしいです。
Commented by AT_fushigi at 2010-03-03 18:32
dolcenoriさま
コメントありがとうございました。いつも楽しい記事を楽しみにしています。
まだ一年半しか経っていないし、一般的にSQはきれいです。が、dolcenoriさんの目を持ってよく見れば最初の機内の写真の一番右の座席の布が解れているのが分かります。アップするときに発見しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< インド出張2010年02月-第... インド出張2010年02月 >>