インド出張2010年02月-第一日-機内食でカレー始まる

シンガポール・チャンギ空港はターミナル3に到着。バンガロール便はターミナル2、ターミナル移動があります。
この巨大な空港には新交通システムが5ラインもあります。ターミナル1-2、ターミナル1-3、ターミナル2-3X2ライン、ターミナル3内。
c0153302_18162850.jpg

ターミナル3内とターミナル2-3の乗り場は並んでいます。表示は分かりやすいのですが、慣れないと空間が広いので表示を探すのに戸惑うかもしれません。
c0153302_18164096.jpg

ターミナル2へ行く車両が来ました。2両編成で3分おきの発着のようです。
c0153302_18165140.jpg
c0153302_1817441.jpg

ターミナル2に着くと小学生が数人騒いでいました。行ってみると、何と言うのでしょう、レバーでギュウと押し付けて紙に模様を浮き立たせるスタンプです。フェニックスとドラゴンを押してみました。
c0153302_18171865.jpg
c0153302_18172631.jpg

ターミナル2の中央にスタバがありました。狙いとおりシンガポールのタンブラーが。コーヒーが一杯ただということで普通のコーヒーを。
c0153302_18191772.jpg
c0153302_18192483.jpg

シンガポール航空のシルバークリス・ラウンジです。
c0153302_18193599.jpg
c0153302_18194795.jpg

麻婆茄子、タンドリーチキン等軽くいただきました。
c0153302_1820319.jpg
c0153302_18201182.jpg

日本で発行されたボーディングパスには搭乗時間は30分前の19:40とあったのでそろそろと出発表示板を見ると"Gate CLOSING"となっています(時間は表示板下にあるように19:39です)。Final Callの放送も入りました。びっくりしてラウンジの受付に聞くと十分間に合うとのこと。どうもにもわかりません。
通常なら”Boading"でしょう。きっと空港が広すぎて乗り遅れる人が多くてこういう表示になっているのでしょうか。
また、SQは10分前にドアを閉じるとチェックイン時に言われました。
c0153302_18211766.jpg
c0153302_18212439.jpg

ゲートでセキュリティーチェックがありインド入国書類が渡されます。シンガポール-バンガロール間は往復ともビジネスにアップグレードできました。

メニューを見るとメインの最初がチキンカレーで最後がベジタリアンカレーです。チキンカレーを頼みました。
c0153302_18215228.jpg

飲み物は赤ワインで通すに決めました。まず、ミックスナッツ。
c0153302_1822971.jpg

前菜はスモークサーモンです。付け合せはインゲンとセロリの根(?)。
c0153302_18221873.jpg

メインのカレーはチキン赤カレー(辛いですがマイルドです)には豆の煮た物(?辛くないです)、野菜の黄カレー(少し野菜の甘さがあるが後でジワッと辛くなります)。
c0153302_15134810.jpg

果物とコーヒーをいただきました。
c0153302_18224741.jpg
c0153302_18225424.jpg

空港では軍人がいたるところで睨んでいたのでカメラ・写真は封じました。入国審査、税関を通って出たのですが迎えの人が誰もいません。迎えに来ているはずの代理店の人に電話すると乗客以外は空港内に入れないとのことで空港の外で会いました。
夜10時の空港は暑くもなく快適でした。乾燥していたからでしょう。

市内には車で移動。10時を過ぎているのに道路わきに人が溢れています。レーンに関係なく走る車、ホーンの音が絶えず鳴り響き、10cm以下の精度ですり抜けていく、インド式運転に目を白黒させるのみです。思わず足に力が加わります。

ホテルに午後11時ごろチェックイン。迎えに来てくれた代理店の人とビールで乾杯して分かれました。五つ星ということでしたが、他に六つ星、七つ星があるのが分かるような普通のホテルでした。値段だけは$140ととんでもない米国と同じ様な価格。ただし、PCを置いて朝食をとっても大丈夫というセキュリティだけは大丈夫とのことで選ばれたようです。
c0153302_1823844.jpg

スリッパがあったのには助かりました。
c0153302_1823164.jpg

長旅で疲れていたのですぐ寝てしまいました。

(中国・香港から飛んできた中国とインドのスタッフは午前2時半着が遅れて4時だったそうです)

次へ(インド出張2010年02月-第二日-あわただしい一日 )   [目次]
by AT_fushigi | 2010-03-01 09:45 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/13844563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dolcenori at 2010-03-04 02:43
チャンギからバンガロールって長いフライトなのですか?
ちょっと興味がありまして。。。。

しかしGate Closingとは一瞬ビックリしますね。
Closedじゃなくてよかったですね。。。。シンガポール国内ってよく統制されているので、ガイコクジンの多い空港でフライトを時間通りに飛ばすためには、このような苦肉の案が採用されているのかな、とは思いました。
シンガポールらしいです。^^

↓のお返事ですが、確かに座席の布がはみ出してました。
すごい洞察力です、ATさん!!
それをもってしても、きれいな機内だなぁ~と見惚れましたけど。
この機材って、ファーストが個室になってるんでしたっけ?
Commented at 2010-03-05 04:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by AT_fushigi at 2010-03-06 21:53
dolcenoriさま
コメントありがとうございました。
私もびっくりしてラウンジの受付に聞いたところ大丈夫といわれましたが、それでもゲートについてほかの人が入っていくのを見るまで不安でした。
旅程 SQ 637: 11:30 Tokyo Narita (NRT), JP - 18:00 Singapore (SIN) 7h30m
SQ 502: 20:10 Singapore (SIN), SG - 21:55 Bangalore (BLR) 4h15m
です。
A380は個室があって、「安全上の理由で内部の音は外に聞こえます」と言うようなことが書いてあるそうです。カップルの利用が多いからだとか(笑)。本当でしょうか。
Commented by AT_fushigi at 2010-03-06 22:01
鍵コメさま
コメントありがとうございました。
ゲートセキュリティだから早めの表示になっているのですか。
お気をつけてご旅行を楽しんでください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< インド出張2010年02月-第... インド出張2010年02月-第... >>