米国出張2010年04月-第四日目-ピンボール@SFO博物館


帰国の日もカリフォルニアブルーの上天気でした。
c0153302_15201971.jpg


サンフランシスコ空港、SFOのインターナショナルターミナルのSFO博物館(SFO Museum)は楽しみの一つです。

今回は"Pingball"。The Pacific Pinball Museum (PPM) からの出展だそうです。関連記事はこちら

ちなみに"Pinball Museum"でググって見ると米国各所にPinball Museumがあることが分かります。この秋"The National Pingball Museum"がオープンするようです。米国人の郷愁をかうのでしょうね。

もちろん私には実体験的懐かしさはほとんどありません(観光地や温泉でちょっと遊んだくらい)。でも一世を風靡したものとして、レトロな雰囲気に興味があります。
古いパチンコに似た創成期ものもありますがやはり全盛期の派手派手が好きです。ずらり並んでいますが、、残念ながらそのままではなく足を外して斜めの台に乗せて中が見えるようになっています。展示としては正しいのでしょうがもう少し工夫がなかったのかと思います。見ていて動くボールが見えたりリンリンといったような音が聞こえてくるような展示にしてほしかったです。
c0153302_1571580.jpg

それはあるものの、見ていて楽しい展示です。実体験のほとんどない私でもわくわくしてきました。
c0153302_15132576.jpg
c0153302_15133670.jpg

ボールが動くホールも良いが点数を表示するバックも楽しい。
c0153302_15155090.jpg
c0153302_15155950.jpg

展示では部品の展示もありました。
c0153302_15162271.jpg

アメリカを象徴した(と思っている)Pinballを楽しみました。PPM(Peter, Paul & Maryではありませんよ)に行ってみたくなりました。

次へ(第四、五日目-J-BentoとMyChoice)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-09-25 15:20 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/15182391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinn-lily at 2010-09-25 17:54
ピンボールを例に話をすることがあるのです。
子供の成長に関してです。
子供って両親はもちろん、おじいちゃん、おばあちゃん、その他多くの人の愛情をもらえばもらうほど、豊かに育っていくと思うのです。
丁度ボールがピンにあたって、点数を増やしていくみたいに。
だから子供は大勢の中で育ったほうがいいなと思うのです。
ピンボールを見るたびに、そんなことを考えます。
Commented by AT_fushigi at 2010-09-25 21:07
shinn-lilyさま
なるほど。いい話です。
きっと、フリッパーが親でうまく受け止めて戻してやるのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 米国出張2010年04月-第四... 米国出張2010年04月-第二... >>