中国出張2010年05月-第二日目-上海の元祖「私房菜」


ホテルでは日本から直接来た同僚と現地スタッフが待ち構えていました。今日は特別なDinnerをお願いしてありました。

「私房菜」、Private Kitchen と訳されるようです。要はお金持ちのようにあなたの専用シェフが料理するようなレストランということらしいです。こじんまりした部屋で、シェフが腕を振るった料理を頂くわけです。日本の割烹だと思っています。(中国のレストランは大勢の料理人が手分けして料理するのです)

現地のスタッフが予約してくれたのは、上海の「私房菜」の元祖といわれているレストランです。
c0153302_2318472.jpg

原創私房菜 Sophia's Restaurant
-- 上海市静安区华山路480号
-- 021-62499723

タクシーで駆けつけると、それはフランス租界にある洋館でした。
c0153302_23192555.jpg

3Fに案内されました。途中、チラッと見えた部屋ではカップルが楽しそうに食事をしていました。
c0153302_23203120.jpg
c0153302_23204164.jpg

案内された部屋は狭い部屋です。でも静かで落ち着いた感じが素敵です。
c0153302_23223886.jpg

メニューが来ると確かにいつも行くレストラントとは違います。所謂、創作料理です。
(なお、メニューは中国語、英語、日本語表記です)
c0153302_23225869.jpg

ビールを頂きながら待ちます。

蟹のスープで煮た豆腐だったと思います。滑らかな豆腐で、小さい賽の目なのでスープとよく合う。
c0153302_23231834.jpg

ハマグリの入った肉団子だと思います。貝殻にはめ込んであるのが目新しい。この店の売りだそうです。
c0153302_23233846.jpg

鱶鰭のスープ。ハロウィンみたい。
c0153302_23235616.jpg

特別な豚の角煮。棗が利いています。
c0153302_23243215.jpg

ここで紹興酒に。
c0153302_23245714.jpg

野菜炒め。百合の根、セロリ、銀杏。多分半分くらい食べた後、繕って撮った写真。
c0153302_23251245.jpg

海老炒め。クレープで包んで頂きます。
c0153302_23252894.jpg

清蒸。小ぶりのスズキあるいはスズキの子供だったと思う。
c0153302_23255855.jpg

どれも美味しく、初めての味ばかりでした。話が弾んで(程よいお酒で)料理の名前を覚えていないのが残念でした。メニューには美味しそうな料理が並んでいました。是非また来ようと思いました。
c0153302_23214777.jpg



次へ(第二日目-上海の別荘ホテルと摩天楼バー)   [目次]
by AT_fushigi | 2010-10-27 23:26 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/15361396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2010年05月-第二... 中国出張2010年05月-第二... >>