中国出張2010年09月-週末旅行-北京/頤和園(II)-仁寿殿、文昌閣

.
頤和園の正門である「東宮門」を入ると「仁寿殿」があります。皇帝の請願をお聞きになられたりする執務室で、「清漪園」のころは勤政殿と言っていたそうです。

「仁寿門」。
c0153302_10524375.jpg

c0153302_10533418.jpg

中に入ると麒麟の青銅像があります。頭部は龍,角は鹿,蹄は牛,尻尾は獅子,体は鱗で覆われています。ユニークな顔で格好のカメラスポットです。
c0153302_10532089.jpg

「仁寿殿」。皇帝が来客と会う所です。
c0153302_1054737.jpg

c0153302_10555551.jpg

c0153302_10545296.jpg

正面に椅子が置いてあり、その上部に大きな横文字の、両側に縦文字の扁額が掛かっています。孔雀の羽の団扇や象や鶴の置物が見えます。
c0153302_10565268.jpg

c0153302_10571040.jpg

仁寿殿の奥に楽寿堂(乐寿堂)、王瀾堂(玉澜堂)、徳和園(德和园)があるのですが一周して来たときにと後回しにしました。結局戻って来れなかったのですが。次回、円明園と一緒に...

「文昌閣」。門にあったプレートによれば、文昌閣は1750年完成、1860年英仏軍により破壊、その後、光緒帝により再建されたものです。頤和園の6つの城門建築の最大のもの。中には文昌帝と仙童と騾馬の青銅像が奉ってあるそうです。城門ですので「仁寿殿」からは裏から入り表に抜けます。
「裏口」
c0153302_10573026.jpg

c0153302_1057412.jpg

「表口」
c0153302_10581560.jpg

c0153302_10582535.jpg

傍の「文昌院」。博物館ですが時間が無いので残念ながら今回はパスです。
c0153302_10584850.jpg

c0153302_10585729.jpg

「文昌閣」の湖(昆明湖)側に飛び出した島のようなところがある。「知春亭」があるところだ。周りの氷が解けるのを見て春を知ったというのが名前の由来です。
c0153302_1501419.jpg

湖の近くに湖周回の船が出ています。
c0153302_150268.jpg

ここを過ぎると、湖畔の道となる。昆明湖の向こうに仏香閣(佛香阁)が堂々とたっています。
c0153302_1503957.jpg

まもなく、新宮門です。
c0153302_9304515.jpg



次へ(北京/頤和園(III)-廓如亭、十七孔橋)    [目次]
by AT_fushigi | 2011-06-11 10:50 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/16454462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国出張2010年09月-週末... 中国出張2010年09月-週末... >>