韓国出張2010年10月-見聞記-世界遺産-水原華城(I)、長安門


 
朝食ミーティングを終えて「水源華城」に向かいます。

11:30までに金浦空港に着けばいいので、来る時の経験から帰りのバスは、10:30頃発の便と考えていました。なので、ラッシュのためタクシーの到着が15分遅れて少しいらいらしました。結局8:50ごろホテルを出ました。
ところが朝のラッシュに巻き込まれ30分近く掛かってしまいました。前方案内板の”Suwon"が「水原」です。
c0153302_233337.jpg

9:20から1時間の世界遺産巡りとなってしまいました。思っていたより30分短くなってしまいました。

「水原華城」は所謂「邑城」で街を城壁が囲い、出入りの門や戦争時の櫓などが配置されています。

タクシーは長安門に着きました。正確に言うと長安門の城壁内に到着です。この扁額は場外に向いています(写真は城壁に上った時撮ったものです)
c0153302_245037.jpg

左手に案内書があり地図を貰いました。「華城」の案内板です。
c0153302_254689.jpg

さて、長安門。中国の城門の形式です。
丈夫な土台にトンネルを掘った狭い門(「闕」)があり、上部に楼閣が築かれ、扁額が掛かっています。
c0153302_2101569.jpg

城門の横の階段から上部へ上ります。
c0153302_2103794.jpg

楼閣を横から見たところです。
c0153302_2105537.jpg

上ると門から続く城壁の上部に出ます。
c0153302_2113137.jpg

楼閣に入ると、中国の影響を受けた梁なのを見ることができます。
c0153302_2114827.jpg

楼閣から街を見て左右。
c0153302_2121633.jpg
c0153302_2122733.jpg

街の反対側には戦争時に門を上部から守る半円形の小郭「甕城」があります。
c0153302_213846.jpg
c0153302_2133591.jpg


タクシーを拾って「行宮」へ向かいます。

水原市HPの日本語ページの「観光情報-水原華城」より引用 [2011.09.21]

『 長安門
城の北の方の門。華城の正門と言える。八達門と共に華城の大乗的な建物。規模と形は八達門とほぼ同じでソウルの崇礼門より大きく建てたのが特徴です。』

次へ(見聞記-世界遺産-水原華城(II)、華城行宮)    [目次]
by AT_fushigi | 2011-09-21 02:14 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/16878207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinn-lily at 2011-09-21 16:15
水原にはソウルから遠くないし、一度行ってみたいと思っているので、この写真も何度もガイドブックで見慣れた風景です。
韓国のタクシーは安くて、夢のようですね。私でも気楽に乗れます。
Commented by AT_fushigi at 2011-09-22 01:21
この時の出張時期はG20がソウルで開催される直前で市内の外国人の泊まれそうなホテルはすべてブラックアウトでした。現地代理店が郊外のホテルを予約してくれました。偶然ですが、ホテルに教えてもらった金浦空港からのバスの終点が水原でした(ホテルは隣町)。バスから「水原華城(これは漢字でした)」の文字を見て帰国便の前に行こうと思ったのでした。
私も少し前に掲載された「ち~坊」さんの旅行記を見て羨ましく思っていたところだったので何度も写真は見ていました。しかし、街の様子とか想像できませんでした。情報不足のままタクシーで回ったのでした。
今度は5km以上あるという城壁を歩いてみたいと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 韓国出張2010年10月-見聞... 韓国出張2010年10月-見聞... >>