韓国出張2010年10月-見聞記-世界遺産-水原華城(III)、八達門


 
八達門はソウルの南大門と同様ロータリーの中にあります。
修復工事中でした。

タクシーを降りて半周見てみました。構造が良く分かります。さて、石積みの土台にトンネルを掘った狭い門(「闕」)があり、上部に楼閣が築かれ、半円形の小郭「甕城」が外からの敵を防ぎます。
c0153302_041225.jpg
c0153302_041106.jpg
c0153302_0412072.jpg
c0153302_0413020.jpg

楼閣と扁額です。また、南門なので赤い旗がはためいています。
c0153302_0415752.jpg

屋根は中国形式で神獣は4匹です。
c0153302_0422169.jpg

西方向を見ると八達山に続く城壁が見えます。結構な上りです。
c0153302_0423719.jpg


水原市HPの日本語ページの「観光情報-水原華城」より引用 [2011.09.21]
『八達門(南門)
城の南側の門。石で積み上げたアーチ型の門の上に木造の2階門楼を築造し、前面には半月型の甕城を建設した。屋根は隅ジン閣屋根形式、栱包 は多包式の建築様式になっている。城門の甕城には「五星池 」という施設を作り、敵が火を使って攻撃した際に水を使って防げるようにしたのが特徴だ。』

次へ(見聞記-世界遺産-水原華城(IV)、華虹門、訪花隋柳亭近辺、通りすがりに蒼龍門)    [目次]
by AT_fushigi | 2011-09-24 00:42 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/16889994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 韓国出張2010年10月-見聞... 韓国出張2010年10月-見聞... >>