週末旅行2012年02月-スウェーデン・ストックホルム-市庁舎



橋を渡ってクングスホルメン(Kungsholmen)島にある市庁舎です。

橋を渡ると入口はすぐわかります。
c0153302_2150129.jpg

中に入るとすぐ右手にショップがありここでガイドツアーに参加できます。
c0153302_21504761.jpg

中庭に入ります。ルネッサンスの様式だそうです。
c0153302_2151597.jpg

中庭から塔が見えます。
c0153302_21511644.jpg

アーチが連なる回廊の向こうにメーラレン湖が見えます。
c0153302_21512735.jpg

回廊にあるレリーフです。
c0153302_21514592.jpg

湖岸に出ると旧市街が見えます。
c0153302_2152230.jpg

ショップに戻ってツアーを申し込むと5分前に出たところだが追いかけて参加できるとのことでした。先に時間を確認していなかった...

ガイドツアーは英語です。日本語の橙色のリーフレットを頂きました。中国人のグループもいて黄色のリーフレットを持っていました。
c0153302_21561753.jpg

リーフレットによれば市庁舎は1923年に竣工されました。8百万個のレンガでできているそうです。

ブルーホール(青の広間)でガイドグループに追いつきました。ガイドは中国の方らしく中国語でも簡単に説明していました。青色になるはずでしたがレンガの赤色が良いいうことになりそのまま残しました。毎年12月10日ノーベル賞の祝賀会場となります。ノーベルの金のレリーフが壁にはめ込まれていました。
c0153302_2157512.jpg
c0153302_21581355.jpg

階段を上がります
c0153302_215989.jpg

市議会室。市議会は2週間置きに月曜日の夕方開催されるそうです。改装中で机はビニールで覆われていました。
c0153302_2159414.jpg

ヴァイキング時代のイメージの天井です。
c0153302_220115.jpg

100のアーチ。タワーの下です。祝賀会の玄関にもなっています。仕掛け時計が壁にあります。夏の12時と18時にセントジョージが行進するそうです。
c0153302_2202680.jpg

オバーレン。毎週土曜日の午後結婚式が行われるそうです。壁には1600年代のタペストリーが掛けられています。フラッシュ禁止の部屋です。
c0153302_2204110.jpg

プリンスのギャラリー。ユーセン王子の絵があるのです。
c0153302_2214819.jpg
c0153302_2215843.jpg

反対の窓からメーラレン湖とその向こうのソーデルマルム(Södermalm)島を望むことができます。
c0153302_2221591.jpg

窓の柱には漆喰の男女の絵と言うかレリーフがあります。
c0153302_2224280.jpg

スリークラウン。天井の金メッキされた3つのシャンデリアがあります。天井の木製の装飾が美しいです。
c0153302_2234941.jpg

奥の部屋に漆喰に書いた絵がありましたが完成しているのかどうかも分かりませんでした。
c0153302_224563.jpg

ゴールデンホール(黄金の広場)。バンケット用の部屋だそうです。モザイクが美しく、正面にはメーラレン湖の女神像が左右下の東の国々西の国々に讃えられています。
c0153302_2245598.jpg
c0153302_2251073.jpg

1800万個のモザイクで構成されているそうです・
c0153302_221024100.jpg

壁にはストックホルムの歴史が刻まれています。セントエリックもいます。
c0153302_22113814.jpg

ガイドツアーはこの横からブルーホールに戻り終了です。1時間ほどでした。


[2012.02.11]

次へ(西から東に横断散歩)    [目次]
by AT_fushigi | 2012-02-19 21:48 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/17499720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 週末旅行2012年02月-スウ... 週末旅行2012年02月-スウ... >>