中欧家族旅行2012年08月-第四日目-スプリット・ディオクレティアヌス宮殿散策(II)



鐘楼を下りましたが大聖堂はまだミサのようでした。

ぺりスティル中庭から「どちらの方向に行こうかな?」で目立つ地下に行くことにしました。ディオクレティアヌス宮殿は海に向かって傾斜した土地に建てられたため海岸の南と陸奥の北では1階分くらいの高低差が出来たので皇帝居住区の海岸側に地下室が作られました。皇帝は水面近い地下に設けられた南門から船に乗ったようです。地下室は主に貯蔵庫やキッチンとして使われたそうです。

さて、中庭から南を向くと1F(写真ではテラス)に上る階段と地下に降りる階段があります。
c0153302_8193873.jpg

地下に下ります。
c0153302_819585.jpg

地下は円柱ドーム状になっておりしっかりと皇帝居住区を支える形状が取られています。
c0153302_8243647.jpg

今は土産物屋などのお店が並んでいます。
c0153302_8253995.jpg

っと、向こうがざわめいて、ドラムの音が鳴り響き、なんと仮装した一団が行進してきました。ローマ兵士に扮した人の後ろに白い衣装の男女が続きます。
c0153302_828478.jpg

今来た道を中庭に戻ります。庭に居た兵士と合流しテラスに4人の兵士が並んでいます。
c0153302_8291415.jpg

ドラムが高らかに鳴り響き、皇帝と妃と思われる2人が現れ何か言います。良く聞き取れなかったのですが恐らくクロアチア語で行ったのだと思います。反応がいまいちだったので最後は英語で幸あれ、楽しんでくださいみたいなことをいったので拍手喝さいで終わりました。
c0153302_8324610.jpg
c0153302_8331210.jpg

皇帝の一団が去った後、皇帝居住区の1Fを回りました。
まず、中庭からテラスの右(西側)に行くと大きなドームです。アルハンブラにもありましたが人々の待合室でもある皇帝宅の玄関です。今は天井はぽっかり穴が開き青空が見えています。鐘楼のてっぺんも覗いています。
c0153302_839282.jpg

そこから居住区に出ると家が建っていますがこれは後世の物と思われます。ぐるり回っていると八角形の大聖堂と鐘楼が見えてきます。大聖堂は皇帝の霊廟だったところをキリスト教の教会とし13世紀に鐘楼を建造したのでした。大聖堂の手前に昔の柱廊跡が見えます。
c0153302_8421124.jpg

地下室は頑丈に見えましたが南東の部分にはかなり崩落したところがあり地下室のドームが見えていました。
c0153302_8452364.jpg

後から建てられた家の隙間から昔の建造物の痕跡を見つけることが出来ます。
c0153302_847195.jpg


このような路地を歩いているうち地下の入口に出たので地下道を抜け南門に出ました。
この狭い入口が南門ですが皇帝がいたころは海面がここまでありここから直接船に乗ったそうです。左右の建物は後世の物です。
c0153302_850716.jpg

南門から城壁前の公園に出てみました。ここから城壁が見えますが柱廊跡が残っているのがはっきりわかります。
c0153302_8514498.jpg

南門から地下道を通り中庭に出ました。大聖堂に行こうと階段を上がるとここは入口で無いと言われました。案内板があり、赤い道にしたがって行くようにアドバイスされました。写真の案内板では中庭が下です。
c0153302_855481.jpg

大聖堂をぐるりと回ると目立たないところに入口がありました。入場料15kn(約225円)でした。
c0153302_8562453.jpg
c0153302_856414.jpg

私達が入った時はカメラ禁止でした。他の人の写真の報告があるのでうるさくないのかもしれません。実際取っている人を見かけました。まあ、15kn価値でした。

大聖堂を見てまた中庭に戻りました。ここを拠点にすると分かりやすいのです。
写真右手のアーチのアーケードを進むと洗礼室に至ります。
c0153302_945398.jpg

洗礼室は元の神殿を利用しているそうです。大聖堂のチケットで中に入れます。中に入ると聖ヨハネの像が立っています。
c0153302_903322.jpg

洗礼の祭壇の彫り物がユニークですがクロアチア王だそうです。
c0153302_922011.jpg

洗礼室の圧巻はなんと言っても天井です。昔のままではないかと思います。
c0153302_92381.jpg


また中庭に戻ります。今度は北に向かいます。こちらは兵士や商人の居住区です。狭い路地を北に向かいます。
c0153302_9618100.jpg

北門です。城壁の外から見ています。2重になっていています。
c0153302_963276.jpg

北側の城壁です。こちら側は余りひどい破壊を受けていません。日当たりが悪いからでしょうか。
c0153302_964444.jpg


また、中庭に戻ります。中庭で伝統的な楽器を持った伝統的な衣装を着た老人が何をすることも無く座っていました。しばらく待ちましたが何も起こりませんでした。
c0153302_994845.jpg


散策地図(クリックで拡大)
c0153302_15313578.jpg





[2012.08.12]

次へ(第四日目-スプリット・ランチ、ディオクレティアヌス宮殿散策(III)、夕暮れ)    [目次]
by AT_fushigi | 2012-10-17 09:10 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/18572219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中欧家族旅行2012年08月-... 日々徒然-歳時記-Google... >>