中欧家族旅行2012年08月-第六日目-スロヴァキア・バンスカー・シュチャヴニツァ散策



世界遺産バンスカー・シュチャヴニツァです。名前がとても覚えにくいです。日本語Wikipediaの記事も短く、余り知られていないようです。

「中世からハンガリー王国における金、銀の鉱山の町として、14世紀の地震の被害や、トルコとの戦いの前線の街であったことなどの歴史をもつが、鉱山の町として繁栄した。
1627年には火薬による採掘がはじめて行われ、1762年にはマリア・テレジアによってヨーロッパ初の鉱山学校がこの地に設立された。鉱業生産は18世紀の半ばに最盛期を迎え、1782年には4万人ほどの人口のハンガリー王国で3番目の都市となった。
19世紀の後半から鉱業生産は衰退を始めた。」[Wikipediaより]

朝は良い目覚めでした。寝る前のお風呂と部屋の暖房も気持ち良くゆっくり寝ました。
ホテルからの景色です。
c0153302_19462639.jpg
c0153302_19471378.jpg

ホテルを出て町を歩きます。
昨晩は霧雨が降り暗かったお空も今日は晴れました。
「Hotel Grand Matej」も明るいピンクに輝いています。
c0153302_1948338.jpg
c0153302_19492522.jpg

昨晩行ったレストランです。
c0153302_165338.jpg

少し登ると像が立った角があります。教会があります。中で
c0153302_20114064.jpg

ここを登ると有名な鉱山学校があります。

出版社Wileyにこういう記事がありました。今年が鉱山学校250周年だそうです。
http://www.wiley.co.jp/blog/pse/?p=10105
===== 引用 =====
この地に、マリア・テレジアの援助によって鉱山学校が創立されたのは今から250年前の1762年のこと、これが世界で初めての工科大学となりました。最初に設立された化学・鉱物学部には、オランダのライデン出身の植物学者ニコラウス・フォン・ジャカン(Nikolaus von Jacquin)が学部長として招かれました。ジャカンは講義と実験の融合を図り、同時代のラヴォアジェから「実験に基づく化学教育の創始者」として認められたそうです。この鉱山学校は、パリのポリテクニークをはじめヨーロッパ各地に設立された工科大学の先駆的存在となりました。
バンスカー・シュチャヴニツァが科学史に「世界初」として名前を残したのは、それだけではありません。鉱山学校は、1786年に近隣のSklene Tepliceで世界初の科学国際会議を開催、これにはラヴォアジェも出席しました。この会議では、世界初の国際学会となる”La Société de la Exploration des Mines”も創設されました。
スロヴァキア化学会は今年、このような歴史的意義を持つ鉱山学校の創立250周年を記念する催しを行うそうです。
===== 引用終 =====

入口の門です。
c0153302_20124599.jpg

門の上の紋章です。オーストリア帝国の紋章グリフォンでしょうか。
c0153302_20482610.jpg

階段を上ると学校の記念碑があります。1763-1963とあります。
c0153302_221289.jpg
c0153302_2056629.jpg

記念碑のある壁の両サイドにある階段を上がると大きな建物が迫ってきます。
上がった所の灯にも歴史を感じます。
c0153302_22235212.jpg

c0153302_22324262.jpg

緑豊かな敷地内に教室が並びます。
c0153302_22331785.jpg
c0153302_2246131.jpg
c0153302_22455026.jpg

階段を戻って歴史ある学校を後にします。
c0153302_22481132.jpg


鉱山学校からの下り道で教会の向こうの山の上に新城(Nový zámok)が見えました。
c0153302_23174515.jpg

町を通る街道を登ります。両側にドイツ。オーストリア風の大きな建物が並んでいます。
c0153302_23234624.jpg

バス停に観光案内地図がありました。
c0153302_2325225.jpg


聖カタリナ教会。1491年建立。
c0153302_23294383.jpg

中に入れます。入場料は安かったのですが失念しました。
豊かな時代に建てられたのでしょうか。装飾品が豊かでした。
c0153302_14403768.jpg
c0153302_1440516.jpg

教会の側を通って町のメイン広場に向かいます。
c0153302_14421816.jpg


三位一体広場(Trojičné námestie)です。ここに大きな三位一体の柱(Holly Trinity column)が立っています。聖カタリナ教会に呼応して14世紀から15世紀に建てられたもので当時の栄華を偲ばせます。この塔はPlague Columnともいわれているので14世紀の地震とも関係あるのかもしれません。
c0153302_1621065.jpg
c0153302_16211765.jpg

この広場には鉱山博物館やInformation Centerがあるようですが朝なので静かで人も少なかったです。また、居酒屋やホテルもありました。
広場を登って振り向いた所。柱の後ろ姿です。
c0153302_1625837.jpg


広場の上から左手に回ると旧城に行く細い道がります。
c0153302_1634963.jpg

旧城(Starý zámok)です。元教会で中世にトルコ人の侵入に備えるためにお城に作り替えられました。
c0153302_16344693.jpg


お城から町に下りる途中にお花屋さんがありました。
c0153302_16404534.jpg

道の反対側の福音派教会です。
c0153302_1643525.jpg


少し降りたところで面白いレリーフを見つけました。由来は分かりませんでしたがバンスカー・シュチャヴニツァを紹介した物のようです。
鉱山の支配者たちでしょうか。
c0153302_16511373.jpg

マリア・テレジア、そして鉱山学の先駆者たちでしょうか。
c0153302_16512960.jpg

最後にサラマンダーが金をくわえています。火で錬金したと言うことでしょうか。
c0153302_1651509.jpg

これは面白いレリーフでした。


ホテルに戻りチェックアウトして車で新城に向かいます。街道沿いに上ると5分で到着です。歩いても15-20分ではないかと思います。
駐車場から5分上ると6階建て、4つの塔の白いお城に着きます。
c0153302_17354513.jpg
c0153302_1736080.jpg

中は博物館と展望台となっています。有料だったので止めました。
丘からの眺めで十分です。
c0153302_17362288.jpg
c0153302_17363439.jpg


この先に昔の鉱山の坑道を歩くオープンミュージアムもあるのですが坑道1.5kmと聞いてすぐにあきらめる弱い家族でした。実際には余り興味が無いと言うところです。

ここから山を抜けハンガリーに向かいます。


バンスカー・シュチャヴニツァ散策地図(ダブルクリックで拡大)
c0153302_17383059.jpg



[2012.08.14]

次へ(第六日目-ハンガリー・ホッローケー散策)    [目次]
by AT_fushigi | 2012-10-28 20:51 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/18613646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中欧家族旅行2012年08月-... 中欧家族旅行2012年08月-... >>