中欧家族旅行2012年08月-第六日目-ハンガリー・ブダペスト散策・ブダ城(I)



さて、ブダペストのブダとペストを分けているドナウ川に架かるくさり橋を渡ります。
c0153302_041816.jpg


今回の旅行で時間がなくてまた来たいと一番思ったのがブダペストでした。


ホテルは橋を渡ってラウンダバウトを左折し川沿いに1分のところにある「デザインホテル」です。
「Lanchid 19 Design Hotel 」
-- Address: Lánchíd utca 19, 01. Budavár, 1013 Budapest
-- Phone: (+36 1) 457 1200
-- HP: http://www.lanchid19hotel.hu/eng

今流行りのデザインホテルですので色使いや構造など新しいです。
c0153302_033788.jpg
c0153302_035034.jpg
c0153302_04129.jpg

ちょっと変わった壁です。
c0153302_044225.jpg

でも、なんと言ってもここは立地です。ホテルの裏側は王宮の崖になっています。部屋は川に面しており窓からくさり橋が見えます。夏休み価格で一部屋91ユーロと高めですが、得した気分です。
c0153302_054364.jpg


部屋で準備していると曇ったり晴れたりで怪しい空模様です。急いで王宮に出かけます。

歩いて3分でくさり橋のたもとに着きます。くさり橋をペスト側からブダ側に渡ると真っ直ぐ行くとトンネルがあり王宮の下を通って向こうに出ることが出来ます。ザルツブルクを思い出しました。トンネルの入り口も堂々としています。
c0153302_052936.jpg

トンネルの手前に王宮へ登るケーブルカーがあります。
c0153302_061132.jpg

早速切符購入。一人550フォリント(約220円)と切符にあります。地球の歩き方を見ても運営会社のHPで見ても840フォリントなので不思議です。夏だけの夕方の特別料金でしょうか。午後4時31分50秒に買っていますね。午後5時に聖堂などが閉館するからでしょうか。
c0153302_062693.jpg

ケーブルカーは急な坂に合う様3つのボックスを合わせた形です。定員9人で1ボックス3人乗りのようですがもっと乗っていることもあるようです。
c0153302_065612.jpg

さて、出発です。
c0153302_071292.jpg

段々くさり橋が見えてきます。
c0153302_072992.jpg
c0153302_074173.jpg

しかし、上に着くと木陰に半分隠れてしまいました。
c0153302_08292.jpg

遠くに国会議事堂が見えています。
c0153302_081644.jpg


王宮の丘に向かいましょう。なにかプロパギャンダでしょうか。
c0153302_091029.jpg

丘の城壁に入ってすぐの公園の像の下でバイオリンの演奏をしている人たちがいました。オペラか小説の一場面なのでしょうか。
c0153302_092794.jpg


マーチャーシュ聖堂(教会)に向かう道。
c0153302_094241.jpg

馬車が追い越して行きました。
c0153302_095571.jpg


聖堂が見えてきました。
「マーチャーシュ聖堂は王宮の丘に残るカトリックの聖堂である。正式名は「聖母マリア聖堂」で、1255年から1269年にベーラ4世が建造した聖堂が元になっている。現在「マーチャーシュ聖堂」の名で呼ばれるのは、マーチャーシュ1世が大改築を行い、高さ80 m の尖塔を増築するなどしたことに由来する。
本来はゴシック様式の聖堂だが、オスマン帝国領時代にはモスクとして使われていた。その後、バロック様式での改築を経て、19世紀にネオ・ゴシック様式になって現在に至る」(Wikipedia)
c0153302_0103557.jpg

その前の広場が三位一体広場で1712年から1713年にフィリップ・ウンゲリッヒによって建てられた三位一体の像(塔)が立っています。
ペスト終焉を記念してヨーロッパ各地に建てられたものです。
c0153302_0104854.jpg

c0153302_0113021.jpg

聖堂と三位一体像。
c0153302_0111326.jpg


もう閉館時間を過ぎていたので、聖堂をぐるり回ってみます。
右側面。
c0153302_0121343.jpg

後ろ姿。
c0153302_0122555.jpg

ここに聖イシュトヴァーンの騎馬像があります。
c0153302_0131579.jpg

左側面。
c0153302_0123941.jpg

隣のヒルトンホテルの窓に映っています。
c0153302_0132952.jpg


ヒルトンホテルのドミニコ会修道院遺跡。
c0153302_0135090.jpg


「漁夫の砦」に戻ります。名前の由来は色々言われているようですがはっきりした由来は無いそうです。
砦と言うより回廊で屋上は有料ですが上がることができます。
聖イシュトヴァーンの騎馬像の側にチケット売り場があり改札して階段を上ります。上は多くの人で賑わっています。
実は砦の南側は有料の展望台、北側はカフェになっています。写真の奥がカフェです。
c0153302_0144756.jpg

展望台からくさり橋、国会議事堂などの景色を美しく見ることが出来ます。
c0153302_0151181.jpg

そしてドナウ川の向こうに広がるペスト側のパノラマです。(クリックで拡大)
c0153302_0153095.jpg


カフェからの眺めも良いのです。そして皆勝手に写真を撮っていました。国会議事堂が近くです。
c0153302_0173740.jpg


聖堂前の旧市庁舎を見ながら西側に移動しました。
c0153302_0175692.jpg




[2012.08.14]

次へ(第六日目-ハンガリー・ブダペスト散策・ブダ城(II))    [目次]
by AT_fushigi | 2012-11-18 19:34 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/18812525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中欧家族旅行2012年08月-... 中欧家族旅行2012年08月-... >>