欧州出張2013年05月-第二日目-フランクフルト空港で歩きまわり、ストックホルムでタクシーにぼられ...



さて、フランクフルト空港ではエリアZに到着です。エリアZはエリアAの上階でシェンゲン協定国以外の便の発着に使われています。といっても、今回は新しく増設されたエリアで初めて足を踏み入れます。

LufthansaのHPによれば「2012年10月10日より」「新搭乗エリアピアA」がオープンしたようです。興味あるところを見ると
 ・2ヵ所のショッピングエリアに計70店のショップと飲食店
 ・駐機スポットが11ヵ所増え、エプロン(駐機場)での作業を削減
 ・フランクフルトのA380用スポットが4ヵ所増加
 ・5ヵ所の新ラウンジ:セネターラウンジとビジネスラウンジが新しいラウンジデザイン
  となって各2ヵ所、そしてファーストクラスラウンジが1ヵ所。
 ・オープンなゲートに最新のクイックボーディング機、さらに多くの座席、
  備え付けコンセント、無料の無線LAN、無料の日刊紙
等など。というわけで新しいA380用スポットに到着です。

エリアA/ZのV字の窪みの底に向かって歩いて行くと案内があります。インフォメーションがあったのでストックホルム行きのゲートを聞くとA38ということで写真を右に向かいました。Vの反対の斜めを上に進みます。
c0153302_9444216.jpg

途中で新しくできたピアAや乗ってきたA380の写真を撮りながら進みます。突き当りにパスポートコントロールがあり私以外は一人という状況でさっと抜けました。
c0153302_9451872.jpg
c0153302_9451118.jpg


そしてZからAに向かい階段を降りました。見たことある場所でラウンジが直ぐそばのはずでした。喜んだのはここまで。ラウンジが閉鎖されていたのです。そう、上記の新しいラウンジが出来たため閉鎖されたのでした。2か所と言うのはAとZにそれぞれ新しいのが出来たと言うことでした。

で、尋ねると新しいラウンジはVの窪んだ底ということでした。日本からのメールを取らなければいけなかったのと新しいラウンジを見たくてまたV字を底の方に戻りました。ラウンジに着くまでに30分以上要したのでした。良い運動になりました。

新しいラウンジは狭くて不評だった以前のラウンジと異なり面積が広がりゆったりしています。インターネット用PCが置いてあるカウンターでアメリカ/日本の電源プラグ用コンセントを見つけました。モバイルパソコンのメーラーを立上、ビールでゆっくりしました。

ところが出発便の案内を見たら便名の横にゲートまで20分と出ていたので余りゆっくりもできず、延々と15分かけてA38まで行ったのでした。
c0153302_9474132.jpg

まあ、良く歩いたこと。地図を見てください(ダブルクリックで拡大)。3kmくらい歩いたことになります。
c0153302_9462087.jpg


で、A38からSASに乗り換え、ストックホルムに向かいます。事前のチェックインで前に座席の無い非常口の席を取っておいたので楽々でした。

ストックホルム着。面白い形の管制塔です。
c0153302_948939.jpg

「Special Baggage」ってなんだろうと首を振りながら外に出ます。
c0153302_9482593.jpg


タクシー乗り場に行くとタクシーが沢山待っています。私は知らなかったのですが各車とも料金が違い、また、端から乗る必要も無いのです。きれいそうな車や親切そうな運転手など選んで乗れば良いのでした。私は後で知ったのでここでは端のタクシーに乗りました。

スエーデンでは下記の表示のある車に乗ること。これは15kmの料金で各車で異なります。高くても320SEKです。
c0153302_949736.jpg

また、事前に料金を聞くこととと教えられていたのでそうしました。
ここで騙されました。Kistaというストックホルムのちょっと手前の町に行く予定だったのでそういうと、ストックホルム方面はどこまで言っても520SEK($75)と言われ、実際ストックホルムまで70ドルくらいの均一料金と聞いていたのでOKしました。実際にはストックホルムでは無いのでメータ料金とするが正しいのでした。同僚はメータで400SEK代だったそうです。

それとも知らず、タクシーはKistaのSacandi Victoria Tower Hotelに到着。
c0153302_9504762.jpg


その独特な形に驚かされますが、模様の三角が窓になっていることを部屋で発見し更に驚きました。
c0153302_9505153.jpg

c0153302_953275.jpg

直前の予約だったので1,750SEK(23,000円位)という高値でした(同僚は1,590SEK)。もっともストックホルム市内に泊ると2,500SEKを超えるのでこれでも安い位です。スェーデンはホテル代が高いです。

部屋は北欧風です。調度や内装がシンプルで原色でスウェーデンを感じます。ベッドは低いのも特徴です。
c0153302_9515081.jpg
c0153302_952658.jpg
c0153302_9521125.jpg

窓は外観を形成する三角形です。
c0153302_9523628.jpg


ご覧のように良い天気です。でも予報は雨でした。実際昨日までは雨で、そのため寒くなったそうです。
ミラノから来る同僚は向こうが雨のため欠航となり、乗り継いで9時間かけてストックホルムに来たそうです。ヨーロッパの春は天候が荒れます。

同僚の到着を待ってストックホルムの町に出かけます。

[2013.05.06]

次へ(第二日目-Dinnerの後はストックホルムの天辺へ)    [目次]
by AT_fushigi | 2013-05-15 09:06 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/20191408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 欧州出張2013年05月-第二... 欧州出張2013年05月-第一... >>