亜細亜出張2013年06月-第一日目-初B-787 San Jose 便



今回の出張が決まった頃ANAから成田-San Jose便再開のアナウンスがありました。割引料金が同じだったので即決でそれを予約しました。

久しぶりのSan Jose空港国際線ターミナルです。昔はこのターミナルAしかなく、国際便の到着はプレハブで入国審査を受けたのを覚えています。
2000年バブルの頃、AAのSan Jose便で良く利用していたターミナルでした。当時は2Fがチェックインカウンターで最初の頃はAAが大きな領域を占めていました。それがITバブルが弾け、アラスカ航空やハワイアン航空が大きくなり、Southwestが進出して半分以上をし占領し、遂にAAは1-2カウンターに縮小していくのを見ていました。
今は新ターミナルBができ、この空港の発着の大部分を占めるSouthwestはアラスカ航空とともにそちらの方に移ってしまいました。3月のAnaheim出張時にオレンジカウンティ空港行きSouthwestで往復した時にターミナルBを利用しました。

AA、UA、ハワイアンなど残りの航空会社はターミナルAですがチェックインカウンターは1Fに降りてきていてエリア的には倍増していました。
ただし、国際便はANAとメキシコのVolarisしか有りません。
c0153302_4203275.jpg

いたるところこの空港のロゴが置いておりました。
c0153302_421056.jpg


ANAのチェックインカウンターで一悶着。手荷物制限の変更によって荷物が重すぎると言うのです。チェック手荷物は27kgでした、しかし、新しい制限で23kgになったので4kg分を別の用意する箱に入れてくれというのです。確かGold Memberは32kgではとは思ったのですが自信が無く4kg分別の箱に入れました。

これに関しては後で。

側のエスカレータで2Fに上がり、カウンターが無くなって広々したセキュリティチェックエリアに進みます。
これがチェックエリアを出たところ。
c0153302_421238.jpg

国内線が多いので大したお土産屋もありません。
c0153302_4213754.jpg

懐かしい国際線ゲートへの廊下です。AAが撤退したのはいつだったのでしょう。出発フロアは国際、国内混合ですが到着は入国審査があるので国際線ゲートは離れた場所に有ります。
c0153302_4221640.jpg


新しいラウンジがあるということでエレベータに乗って3Fに上がります。「The Club」。
c0153302_423537.jpg

ここから787が見えました。
c0153302_4231890.jpg

明るく清潔感あふれるラウンジです。
c0153302_4234297.jpg
c0153302_4235462.jpg

バーがありビールやワイン、スピリッツも楽しめます。
c0153302_4242876.jpg

食事はサンドイッチや果物やスナックです。
c0153302_1541269.jpg

きりっと冷えたシャルドネと果物を頂きました。
c0153302_425298.jpg


時間になったのでゲートへ。そこで発見したのが待合室のベンチの手もたれに電源コンセントが設置されていることでした。
c0153302_4253743.jpg


搭乗時に787のステッカーを頂きました。
c0153302_4261344.jpg

搭乗すると明るい機内、新しいって気持ちが良いですね。
c0153302_426750.jpg


窓の外はCaliforniaの暑い日差しを避けて主翼の影に人が集まっています。
c0153302_4264353.jpg

ゲートを離れました。「さようなら」と手を振っています。日本的。
c0153302_427230.jpg



[2013.06.03]

次へ(第一日目-初体験、ANA受託手荷物制限強化で荷物の詰替)    [目次]
by AT_fushigi | 2013-06-18 16:13 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/20385781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 亜細亜出張2013年06月-第... 亜細亜出張2013年06月-日... >>