中欧家族旅行2012年08月-第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(II)、聖ヴィート大聖堂



先に進めて第3の中庭にはいると目の前に聖ヴィート大聖堂(Katedrála svatého Víta)がそびえています。広角のレンズが必要です。
c0153302_9164838.jpg

正面には3か所扉がありますが私のカメラには収まりません。正面中央の扉です。
c0153302_9512683.jpg

右の入口の列に並んで入ります。ちなみに左側が出口です。
c0153302_9172569.jpg

c0153302_9164033.jpg

中ではチケットの改札があります。
c0153302_9171747.jpg

大きなカテドラルです。
c0153302_14233548.jpg

祭壇に進みます。
c0153302_14311379.jpg

上部のステンドグラス。
c0153302_14325441.jpg

正面大祭壇。
c0153302_14335523.jpg

c0153302_14554092.jpg

祭壇の裏には幾つかの小さな祭壇が。
c0153302_14425172.jpg

祭壇から見た入口の壁。丸いステンドグラス、バラ窓です。
c0153302_14342996.jpg

c0153302_1522579.jpg

大きなパイプオルガン。何故か側面にあるのです。
c0153302_14472916.jpg


聖ヴァーツラフの礼拝堂と言うらしい。壁面の絵画やシャンデリア(?)など最も豪華な装飾でした(写真ボケボケ)。
c0153302_10453099.jpg
c0153302_10454291.jpg


王か聖職者の棺。装飾が素晴らしい。
聖人ヤン・ネポムツキー(14世紀)の装飾。
c0153302_14454381.jpg

棺の横の側面の彫り物。右端にお城、中央にカレル橋。
c0153302_15223239.jpg


ステンドグラスに目が行きます。
有名なのがミュシャのステンドグラスです。まさにミュシャの絵です。
「10世紀ボヘミアの王でチェコの守護聖人である聖ヴァツラフとその祖母 聖リュドミラを中心に置き、そのまわりには、スラヴ世界にキリスト教をもたらしスラヴ言語での布教につとめた聖ツィリルと聖メトディウス兄弟の生涯と事蹟を描いています。」(ミュシャを楽しむためにから)
c0153302_14214789.jpg

c0153302_14224639.jpg

斜めから見ると色彩も鮮やかです。
c0153302_15253240.jpg
c0153302_1525719.jpg
c0153302_15251298.jpg
c0153302_1525354.jpg

極めつけは
c0153302_15265474.jpg

その他のステンドグラスも比較的新しい時代の作家の手によると思われます。
細長い楕円の様な、小学校で見た玉ねぎの細胞の様なエレメントを繋いだステンドグラスです。
c0153302_917510.jpg

c0153302_9171199.jpg

工場が見えたり近代的な絵柄です。
c0153302_14275929.jpg

c0153302_1428770.jpg


構造物も古い物から新しい物まで完成に600年かかった歴史を感じます。
c0153302_14495874.jpg

c0153302_15365912.jpg


その他にも多くの装飾がありました。
ジブリの「もののけ姫・シシ神」を思い出した壁に描かれた絵。
c0153302_917121.jpg

アンジェリコの絵を思い出しました。
c0153302_14462237.jpg


十分堪能して出ました。


[2012.08.17]

次へ(第九日目-チェコ・プラハ、プラハ城(III)、聖ヴィート大聖堂鐘楼とプラハの眺め)    [目次]
by AT_fushigi | 2013-07-27 10:15 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/20552800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中欧家族旅行2012年08月-... 中欧家族旅行2012年08月-... >>