中欧家族旅行2012年08月-第九日目-チェコ・プラハ、ストラホフ修道院



フラッチャニ広場からストラホフ修道院に向かいます。

その道すがら面白い看板を楽しみながら進みます。
c0153302_13313371.jpg

c0153302_13312992.jpg

山の上の急な斜面に立っているので建物の間の道は急です。
c0153302_13313565.jpg

途中ロレッタ教会がありましたが夕刻も迫っていたので先を急ぎます。
c0153302_13313899.jpg

尖塔が見えてきました。
c0153302_13314658.jpg


ストラホフ修道院の行き先案内が建物の入口にあります(一番下)。
c0153302_13315695.jpg

階段を上ると修道院の敷地でした。
c0153302_13315953.jpg

c0153302_13321737.jpg


ストラホフ修道院(Strahovský klášter)。
1143年に創建され1258年の大火と1742年のフランスの攻撃でダメージを受け再建したものです。教会内部のフレスコ画は1772年に描かれました。
図書館は創設当時からありましたが上記ダメージを受けたり、1648年スエーデン王に根こそぎ図書を奪われたり災難がありました。1679年新しく建築され神学のホールが出来、1727年にフレスコ画が書かれました。その後本が増え18世紀の末に哲学のホールが出来今に残っています。1500年から1800年の20万冊の本が保管されています。

真っ直ぐ進むと図書館への入口があります。時間切れで入れませんでした。これがプラハでの一番の心残りとなりました。
c0153302_1332201.jpg

修道院のHPから写真を借りました。
神学のホール
c0153302_1336447.jpg

哲学のホール
c0153302_13361913.jpg


さて、教会の横を通って正面に向かいます。
c0153302_13371444.jpg

教会の尖塔です。
c0153302_13323162.jpg

横の入口の屋根には使徒の像がありました。
c0153302_13484249.jpg


教会正面です。
c0153302_13324155.jpg

入口が1/4開いていたので覗きます。
c0153302_13323571.jpg


ここの天井のフレスコ画も素晴らしいです。中での写真は禁止されています。
c0153302_13323454.jpg


少し散歩をして外に出ます。
c0153302_13322321.jpg

c0153302_13404411.jpg


これが修道院の門です。
c0153302_1341466.jpg

看板もありました。
c0153302_13411799.jpg


HPにあった俯瞰図です。図書館への入口、教会の入り口、門が示されています。
c0153302_13413124.jpg



[2012.08.17]

次へ(第九日目-チェコ・プラハ、飢餓の壁、ペトシーン展望塔)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-08-07 13:29 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/20595377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中欧家族旅行2012年08月-... 中欧家族旅行2012年08月-... >>