家族旅行2013年08月-北米-グランドサークルー第三日目-グランドキャニオン・サウスリムの雄大な眺望



グランドキャニオン・サウスリムの西側を散策します。
公式サイトから地図を引用します(クリックで拡大可能)。
c0153302_9132214.jpg

ここは無料シャトルバスが走っていて、走っている道路をハーミットロードといい一般車は進入できません。
無料バスはレッド・ルートと言われています。
c0153302_9184573.jpg

バスの中にあった停留所案内です。周回しているように見えますが実際は「Village Rout Transfer」と「Hermits Rest」の往復便です。
東から西、つまりビレッジから西に向かうバスは全ての停留所に停まりますが、反対方向のバスは3つしか停まりません。
c0153302_9191376.jpg


私達はマリコパ・ポイント(Maricopa Point)で降りました。運転手さんが停車する前に指さしてあの小道を行くと良いよと教えてくれました。
停留所にはこのようなバス停標識が立っています。「westbound」と書いてあり西行きのバス停です。逆方向のバスは停まりません。
c0153302_9194966.jpg

マリコパ・ポイントです。朝8時過ぎなのでまだ人がいません。
c0153302_9201945.jpg

絶壁に微妙なバランスで岩がしがみついているように見えます。遠くは朝もやの中です。
c0153302_9202985.jpg

正面の渓谷です。東西に長い渓谷なので朝は陰影がハッキリして、その彫りの深さを感じます。
c0153302_9203926.jpg


リム沿いを歩いてパウエル・ポイントに向かいます。
ここにはJ.W. Powellが最初にコロラド川を下りこのポイントの下を通過した記念碑が立っています。
1969年と1872年に手漕ぎボートで2回の冒険を記念しています。
c0153302_9213926.jpg

景色は先ほどと余り変わりません。サウス・リムの西側の目玉の一つがエジプト神の神殿の名称がついたピークを持つこのテラスの一群です。中央に手前からセトタワー、ホルス神殿、オシリス神殿が縦に並んで見えます。左手に太陽神ラー神殿というピークが見えます。
c0153302_921345.jpg
c0153302_9214289.jpg

東を見ると朝日に靄やる景色が広がります。
c0153302_9221096.jpg


時々遊歩道が切れて短い距離ですがバス通りの端を歩く時があります。バスが追い越して行きました。
ちなみに、当然ですが遊歩道は基本的に舗装されていません。ただ、マリポカポイント付近は舗装されています。これは、ここがウラン採掘鉱があったからでしょう。
c0153302_5514164.jpg


遊歩道に戻ってリムの下を見ていたらリスが出てきました。
リスはよく見かけましたが噛むのと病気を持っているらしく手を出したり近づかないように注意書きも良く見ました。
c0153302_553121.jpg

ホッピ・ポイント(Hopi Point)の直前にプレートがありました。
「川を見つけてみよう」、コロラド川が見えるはずです。
c0153302_5534635.jpg

肉眼ではなかなか見つかりません。子供が先に見つけました。東(右手)側です。水が濁っていました。
c0153302_554096.jpg

c0153302_554969.jpg

c0153302_5545075.jpg

私達が指さしながら見ていたら、近くの誰かが指さして西(左手)側にも発見。ラフティングボートまで見えました。
c0153302_5571536.jpg

c0153302_5572819.jpg


次のプレートは「Diminishing View、Mt Trumbullが見えますか?」。アリゾナ、カリフォルニア、メキシコの汚染大気が南の風で吹き込み遠くが見えなくなっているとのことです。夏がひどいそうです。通常は100マイル以上の眺望がありますがひどい時は18マイル以下だそうです。Mt Trumbullというのが60マイル先にありこれが見えるかと聞いているのです。実際見えなかったと思います。
(プレートには日本語があって「先細りの眺望」???)
c0153302_5591685.jpg

c0153302_5592333.jpg


ホッピ・ポントに来ました。この近辺では一番の眺望のはずなのでパノラマにしてみました。娘はiPhoneでパノラマを撮っていましたが私の古いカメラにはそれが無いので...(クリックで拡大)
エジプトの神殿を英語名で入れてみました。
c0153302_6545060.jpg

少し近くなったので遠くMt Trumbullを見ましたが霞んで見えませんでした。夏は大気汚染が無くても水蒸気で厳しいと思います。
c0153302_611278.jpg

丁度Cliffroseの花盛りで、このポイントあたりに多く咲いていました。
c0153302_612423.jpg


更に歩いていると大きな鳥が飛んで来ました。近くまで来たのですが間に合いませんでした。飛び去る後ろ姿を捉えました。オレンジの頭部、白い部分のある羽、これが絶滅危惧種、カリフォルニアコンドルだと信じたいと思います。
c0153302_615568.jpg

姿を追っているともう一羽、つがいでしょうか。しばらく、立ち止まって優雅に飛ぶその姿を眺めていました。
c0153302_621012.jpg


モハヴェ・ポイント(Mohave Point)です。突き出した岩の上からの眺望を楽しむことが出来ます。
c0153302_635310.jpg

コロラド川も良く見えます。
c0153302_643210.jpg

上流の谷も気温が上がって良く見えるようになりました。
c0153302_645421.jpg

ここまで来ると赤い地層の絶壁を間近に見ることが出来ます。
c0153302_65267.jpg

拡大するとその迫力が伝わるでしょうか。
c0153302_65302.jpg


更に進むと下に船と言われる岩が見えてきます。写真左下ですが分かりますか?まさに船です。
c0153302_66215.jpg


すぐにモハヴェ・ポイントのバス停に着きました。ここは往復のバスが止まるのでバス停は東行き(eastbound)と西行(westbound)き2か所あります。私達は
はwestboundで待ちます。丁度ビレッジ行き(eastbound)のバスが出る所でした。
c0153302_663178.jpg

時間の関係とまあ余り眺望も変わらないだろうと言うミニ家族会議の結果ピマ・ポイント(Pima Point)はパスしてハーミット・レスト(Hermit Rest)に行くことにしました。

ハーミッツ・レストはハーミット・トレイルの入口となっており岩小屋がありトイレやお土産屋もあります。
c0153302_6515148.jpg

c0153302_6515241.jpg

c0153302_652229.jpg

リスを見ながら休憩しビレッジに戻るバスに乗ります。
c0153302_6521592.jpg



[2013.08.11]

次へ(第三日目-グランドキャニオン・Yavapai Cafeでランチ)    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-09-14 09:13 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/20731556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2013年08月-北米... 家族旅行2013年08月-北米... >>