家族旅行2013年08月-北米-グランドサークル-第四日目-モニュメントバレー・夕日ツアー(I)



あこがれの”The View"ホテルにチェックインです。

7月に旅行を決めてからキャンセルを狙って何回も電話してやっととれた予約でした。キャンセル待ちを受け付けていないので電話するしかないのです。

さて、Navajo族が管理するモニュメントバレー公園のゲートを入ってThe Viewまでは一本道。日の入時間が迫ってきているので急ぎます。宿泊客用のホテルに沿った駐車場に停めます。

チェックインは待ち行列ができていました。初めての人がほとんどで丁寧な説明が行われていました。私たちは1階の長い建物のほぼ真ん中の部屋でした。

Queen Bedのツインなので十分な広さです。
c0153302_8522365.jpg

Bathroomも普通にOKです。
c0153302_8523755.jpg

窓からの景色。ご覧のようによく見る世界が広がっています(クリックで拡大可)。View Pointに建てられた"The View"ホテルですから。
c0153302_852566.jpg


時間もないので急ぎます。チェックインの時に聞いていたホテルの駐車場にあるガイドツアーを利用します。自分の車でも行けるそうですが道がでこぼこしていて底をすって車にダメージを与える可能性が大きいことと砂地にはまる可能性があることで普通の車はやめたほうがいいとのガイドブックのコメントでした。実際、普通の車の保険ではこういう場所のダメージはカバーされていないということです。また、実際砂地につかまって立ち往生している車を何台か見ました。

GoogleEathからみた”The View"です。一般駐車場を渡ったところにガイドのオフィスがあります。
c0153302_8534357.jpg


バスが多く停まっていて見つけるのに手間取りました。受付に着いたのが日の入時間の1時間半前でした。
受付で日の入をみるなら一番短い1時間半のコースが良いということでそれにしました。ところが一人$80の価格でした。高いと思いましたがOKと言ってクレジットカードを出すと現金だというのです。
徒歩5分のホテルにはATMがあるでしょうが時間が迫っています。困った顔をしたらいくら現金があるかと聞くので正直に言ったらそれでいいと言ってくれました。
確かに$80、2人以上とあったので$160以上なら元がとれるのでしょう。GMCの荷台を改造した観光トラックに乗って出発です。車高も高いです。
c0153302_8581235.jpg


舗装されていない道へ入って揺れる揺れる。写真を何枚も撮りましたがブレブレです。
c0153302_8582284.jpg

ミッチェル・メサ(Mitchell Mesa)を右手に見ながら進みます。
c0153302_858516.jpg


最初に案内されたのがホテルの窓から見える3つのButteがそばで見えるポイントです。

目の前にWest Mitten Butteがくっきり見えます。これは「WOW! Impressive」です。
c0153302_8594451.jpg

その右には少しかすんでいましたがEast Mitten Butte、Merrick’s Butteです。
c0153302_8595850.jpg

右のほうにElephant Butteが見えます。
c0153302_902172.jpg

その奥にスヌーピーがいます。Camel Butteです。お腹が夕日に赤くなっています。
c0153302_903079.jpg

さらに右のMitchell Mesaを見ると3人尼さん(Three Sisters)が照らされているのが見えました。
c0153302_905492.jpg

このポイントにインディアンの民芸品の屋台がいくつかありました。装飾品が見たい娘たちを促して次へ向かいます。

このころになると揺れにも口の中の泥の味にも慣れてきます。
スヌーピーの形が細長い岩に見えるころ車はミッチェル・メサ(Mitchell Mesa)の方向に曲がります。
c0153302_91127.jpg

有名なJohn Ford's Pointです。モニュメントバレーに魅せられホテルを建てたハイー・グールディングは大恐慌の波に襲われたナホバの友人を助けるためハリウッドでジョン・フォード監督にこの景色を見せることに成功するのです。数日後ジョン・フォード監督はジョン・ウェインと撮影隊をを連れてきてできた映画が「駅馬車」です。その後、モニュメントバレーを背景にした多くの映画やTVドラマが撮られたのです。
c0153302_912728.jpg

車がついたところはやはり土産物屋等がありました。ここから夕日の影となったスリー・シスターズの黒影が際立っています。
c0153302_914271.jpg

少し歩くとジョン・フォード監督がカメラを回した場所です。この雄大な景色が西部劇って感じです。
c0153302_91562.jpg

しばらくするとButteも夕日が当らなくなりました。それはそれで静かな西部劇のワンシーンを感じることができます。
c0153302_92865.jpg

MitchellとSentinel Mesaの方向(The Viewの方向)はすっかり闇がおりました。これも良いです。
c0153302_922230.jpg

南東方向はまだ夕日が当っています。
c0153302_923329.jpg

車に戻るとお店は店じまいでした。

右手のRain God Mesaの夕日を見ながら車を進めます。
c0153302_93177.jpg

スヌーピー(Camel Butte)の南側(裏側)の下を通ります。
c0153302_924757.jpg


GoogleEarthで見ると...
c0153302_9131559.jpg



[2013.08.12]

次へ(第四日目-モニュメントバレー・夕日ツアー(II))    [目次]

 
by AT_fushigi | 2013-11-05 08:18 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/20901632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2013年08月-北米... 旅の線-鉄道-スイカ-モノレー... >>