家族旅行2011年12月-欧州-南イベリア半島-第二日目-コルドバ・花の小路



世界遺産は「コルドバ歴史地区」でメスキータ以外にローマ橋、旧ユダヤ人街が登録されています。

メスキータを出てその旧ユダヤ人街を少し散歩しました。旧とつくのは、この街はユダヤ人やキリスト教徒を許容したイスラム王朝の後ウマイヤ朝時代に形成されたのですが、キリスト王国によってユダヤ人は迫害追放されたからです。
今も当時の町並みを残す旧ユダヤ人街は、敵の侵入を困難にする迷路のような曲がりくねった狭い小路が入り込んでいます。小路の両側にはパティオがある白壁の家が並び、その白壁には色とりどりの花のポットが飾られています。

前に散歩したことがあるので「花の小路」の周辺だけを散歩しました。
世界遺産に登録される以前はゴミが散らかっていた町も、猥雑な感じの雰囲気は残っているものの大分きれいになりました。
c0153302_4105788.jpg

花の小路は人気スポットで数十メータの袋小路です。人気なのは白い壁と花です。花の小路に入ろうとすると向こうに多くのカメラを構えた人を見ることになります。
c0153302_4122573.jpg

それは、そこから小路の向こうにメスキータの尖塔が立っている写真が撮れるからです。
c0153302_4123894.jpg

小路の行き止まりは噴水があり、パティオのある家や土産物屋がある小さな広場になっています。
c0153302_4125145.jpg

花の小路に入る道の両側はレストランやみやげ物屋が並んでいましたが冬の午前中で静かでした。
c0153302_4135567.jpg

しかし、少し離れると生活感のある、日本の路地に入り込んだような感覚になります。これが旅に来たという気持ちを高めます。
c0153302_41466.jpg

また、気持のよいパティオもいくつかありました。
c0153302_4145698.jpg

さて、先を急ぐためメスキータまで戻って駅までのタクシーを探すことにしました。お昼に近かったので途中にBurger KingがあったのでQuck Lunchとも思ったのですが、夕方のアルハンブラを見るために駅に急ぐことにしました。
c0153302_417376.jpg

Burger Kingから直ぐのところで、メスキータに観光客を運んできたタクシーを捕まえました。石畳の狭い道をガタガタ進みます。
c0153302_4171777.jpg

駅に着くと丁度スペイン新幹線がついたところでした。
c0153302_418394.jpg

駅のカフェで簡単にLunchを済ませました。
c0153302_4183539.jpg

急いで、駅横のバスセンターの地下のレンタカーの駐車場に向かいます。ブルーのルノーです。
c0153302_4185933.jpg

傷の写真を撮って出発です。今日は夕暮れから夜のアルハンブラを楽しんでグラナダに泊まる予定です。
c0153302_4192124.jpg


[2011.12.30]

次へ(第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(I))    [目次]

 
by AT_fushigi | 2014-05-13 04:11 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/22113717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2014年08月-北米... 家族旅行2011年12月-欧州... >>