家族旅行2014年08月-北米-イエローストーン・グランドティトン-第四日目-イエローストーン・ガイザーカントリーハイキング (II)


「Solitary Geyser」から一気にアッパーガイザーまで下りてきました。ここから時計回りに木道を回ります。
最初の穴は「Beach Spring」です。余り名前の由来を考えてもしょうがありません。
c0153302_11530033.jpg
これから多くの穴や間欠泉を見ていきます。それぞれ特徴があって結構楽しめます。
この「Aurum Geyser」なんか直径1mくらいで、ボコボコ熱水が出ていますが2.5から5時間間隔で6mも噴き上げるそうです。側の小石みたいのが面白いです。
c0153302_11530074.jpg
立派な案内板がありました。Aurumというのはラテン語で金のことだそうです。ガイザー(Geyser) には直接地下水が噴き出しているFountain型と水たまりを持ち溜まると噴き出すCone型がありいわゆる間欠泉がこれにあたります。AurumはCone型です。
c0153302_13252317.jpg
歩いていたら、突然オールドフェイスフルガイザーが噴出しました。私たちが見たときからちょうど1時間たっていました。そういえば、噴出が2.5分になの場合次の噴出まで平均61分、2.5分より長い場合91分というのを思い出しました。正にフェイスフルです。
c0153302_11530037.jpg
結構大きく長く感じたので次は91分後でしょうか。
次はダブルプール(Double Pool)を紹介します。色がきれいなのと周辺に壁ができつつあります。
c0153302_11530062.jpg
幾何学的のも面白い被写体です。このギザギザは堆積の過程で自然にできるのでしょうがフラクタルだと思いました。
c0153302_11530014.jpg
このPoolから流れ出した温泉が作る鉄が変質したと思っている赤茶が創る変わった模様です。
c0153302_13500130.jpg
何となくわかる「Sponge Geyser」。
c0153302_13542438.jpg
「Pump Geyser」は通り過ぎようとしたら突然吹き出しました。
c0153302_13542492.jpg
c0153302_13542575.jpg
「Pump Geyser」の近くの木道の反対側に有ったクレーターとでも名付けたい穴ですが名称が分かりません。
c0153302_14174376.jpg
ここまでで、アッパーガイザーの1/6位。ちょっと急ぎましょう。
手前が「Vault Geyser」、後ろの湯気が「Giantess Geysers」その向こうにオールドフェイスフルインです。
c0153302_14175270.jpg
次はとても興味深かったアネモネガイザーです。この奇妙な形は見とれてしまいました。
c0153302_13542515.jpg
「Cascade Geyser」の上だと思うのですが。
c0153302_14283494.jpg
「Plum Geyser」
c0153302_14284000.jpg
Dragon Springからあふれた温泉が創る模様。
c0153302_14290459.jpg
「Beehive Geyser」この煙突から6mもの熱水を噴き上げるそうです。おじいちゃんと孫らしい二人が楽しそうに噴出を待っていました。
c0153302_14290994.jpg
「Dipression Geyser」
c0153302_14291453.jpg
ハートスプリング。ハート型には見えないかなあ。
c0153302_14492852.jpg
遠くからも目立っていた「Lion Geyser」です。ちょっと迫力不足かなあ。
c0153302_15023859.jpg
これでアッパーガイザーの木道ループをほぼ一周しました。アッパーガイザーのループを回るのに約40分かけました。オールドフェイスフルガイザーを出発して1時間半というじっくり見ながらのゆっくり歩きです。
この後「Morning Glory Pool」を目指します。
c0153302_11520774.jpg
GoogleMapに行程を書き足しました。
c0153302_15074546.jpg


by AT_fushigi | 2014-09-24 14:56 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/22653763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2014年08月-北米... 家族旅行2014年08月-北米... >>