家族小旅行2014年12月-第二日目-ヨセミテ渓谷・エルキャピタン・カスケード滝・Good-Byヨセミテ


木々に囲まれた道から左に広い草原の広場が見えてきたら、エルキャピタンを間近で見られるポイントです。ここでは草原の真ん中まで行って周りを見回すことを進めます。
c0153302_00441682.jpg
エルキャピタンです。Wikipediaに「渓谷の谷床からは約3300フィート(約1000メートル)あり、花崗岩の一枚岩(モノリス)としては世界一の大きさである」とあります。
c0153302_00464964.jpg
右手の黒い水の後の一つが2月の中旬ごろから流れるだすと言うホーステイル滝です。2月の中旬ごろの2週間で条件が整えば燃えるような赤い滝の姿を見ることができるそうです。Youtubeで見ると融けた鉄がエルキャピタンから流れ出てきているような感じです。(クリックしてみてください。2:20くらいから始まり4:30は感動的なシーンが見られます)
c0153302_01020245.jpg

寒いと感じたら見る見るうちに霧が降りてきました。
c0153302_01035046.jpg
エルキャピタンに対峙してカテドラルロックスがあります。JTBによれば「岩の下部だけでつながっている尖塔状の岩峰。大きな岩の円柱がゴシック大聖堂(カテドラル)の尖塔に似ているためにこの名がついた」。
c0153302_01120245.jpg
この岩の右端(西側)にある尖塔の裏にブライダルヴェール滝が流れ落ちています。
c0153302_01134093.jpg
上流、下流を見ると、この草原は氷河の流れて行ったところらしいです。
c0153302_01060212.jpg
c0153302_01062894.jpg
帰ろうとしたその時エルキャピタンに日が射しました。ちょっと荘厳な感じでした。
c0153302_01175335.jpg
暗くなったので先を急ぎます。カスケード滝です。
c0153302_01154019.jpg
岩をくわえこんだ木を見つけました。
c0153302_01192374.jpg
ここの駐車場に滝の地図がありました。これは役に立ちそうです。
c0153302_01202207.jpg
帰りは4時間半と見積もっていたので急ぎます。
金、銅が取れると言う鉱山を対岸に見ながら川沿の道をモリポサに下ります。
c0153302_01271844.jpg
c0153302_01273038.jpg
モリポサからは右折を指示するナビを無視して直行。前回右折してガタガタ道をバウンドしながらの運転だったからです。
c0153302_01293061.jpg
山道を行くうち夕焼けの時間になりました。
c0153302_01302574.jpg
平地に下りてからはマーセドへの道は左右が牧場の真直ぐな道。行き交う車も少なくアメリカを感じます。
c0153302_01324957.jpg
c0153302_01330147.jpg
c0153302_01331527.jpg
暮れていく平原に面白い雲がありました。
c0153302_01364478.jpg
真っ暗な中無事帰宅。途中でいつもの中華レストランのテイクアウトでビールを大いに楽しみました。

次女は次の日は買い物を楽しみその翌日日本へ、長男はサンフランシスコの学生アパートに帰って行きました。

ヨセミテはサンフランシスコエリアから4,5時間と少し遠いですがアメリカの雄大な自然を感じるとても良い国立公園の一つです。冬は雪でも開園しているようです(要確認ですが)。是非一度お出でになってください。

[2014.12.13]

完      [目次]


by AT_fushigi | 2015-05-06 01:41 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/24052046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「ベスト・オブ・ザ・ベスト」@... 家族小旅行2014年12月-第... >>