家族旅行2011年12月-欧州-南イベリア半島-第二日目-グラナダ・アルハンブラ宮殿(IV)、ナスル朝宮殿(II)・コマレス宮



コマレス宮に向かいます。コマレス宮はスルタンが政治を行った重要な王宮です。スルタンはコマレスの塔の大使の間で内外の人々に会いました。謁見を待つ人々はアラヤネスのパティオで待機していたそうです。

メスアールのパティオに面してコマレス宮のファサード(正面入り口)があります。
c0153302_14373499.jpg

出入口はブルーのタイルモザイクで飾られています。右の入口がスルタン一族の住居に通じ、左の入口が来客用です。
c0153302_14374891.jpg

その上部の壁面が素晴らしい。
c0153302_14375548.jpg

さて、左の入口から入ります。恐らく乱入を防ぐためでしょうクランク状になった廊下を進みます。別の模様のブルーのタイルモザイクを見ながら進みます。
c0153302_14580206.jpg


ハイライトの一つ、アラヤネスのパティオ(Patio de los Arrayanes)に出ました。アラヤネスは地中海原産のギンバイカ(銀梅花)のことだそうです。水鏡と呼ばれるパティオ中央の長方形の池の両側にあるきれいに剪定された低木の植木がアラヤネスだそうです。
c0153302_16170514.jpg


この中庭を囲む壁には美しいアラベスク様式のモザイクと唐草模様が彫られています。
c0153302_17353153.jpg
c0153302_17354024.jpg


パティオに出てすぐ左手にスルタンの間があります。その手前に細長いバルカ(ボート)の間(Sala de la Barca)があります。名前の由来は天井の形から来ています。
c0153302_17452986.jpg


スルタンが政治を行った部屋は大使の間(Salon de Embajadores)といわれているので各国の大使等と謁見した部屋のようです。そこはほぼ正方形で天井が高く、外から見ると一段と高い建築物でコマレスの塔と呼ばれています。中は天井まで壁にアラベスク様式の唐草模様が彫られています。壁には各辺に3つずつ計9つ外に向いた窓のある小部屋があります。真ん中がスルタンの小部屋です。
c0153302_18303138.jpg
c0153302_18263754.jpg


アラヤネスのパティオに戻ります。パティオの反対側からコマレスの塔を見ます。夕日に染まった塔は忘れることができない美しさです。
c0153302_18355059.jpg

水鏡の池と呼ばれているのはこの塔を美しく反射するからです。
c0153302_18360210.jpg

特に水の注ぎ口を入れて撮るのは順番待ちです。
c0153302_18383854.jpg


そして振り返るとちょっとした空間が表れます。その半ドーム天井は期待させる模様とブルーです。
c0153302_18404916.jpg
c0153302_18410254.jpg


c0153302_18481703.jpg


by AT_fushigi | 2015-07-03 18:48 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/24348406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2011年12月-欧州... 家族旅行2011年12月-欧州... >>