中国赴任2016年ー日本手続き(1)ーはじめに


私の場合は日本の企業の中国子会社に赴任します。このため中国での手続きは中国受け入れ先の協力で進めることができました。多くの場合同様だと思います。
また、単身赴任ですので家族の準備が不要です。

基本的には受け入れ先が身元引受人としてきちんと手続きしてもらえれば赴任者の負担はほとんどありません。日本での手続きは個人で対応できるものでした。
ある大手旅行会社に中国就労ビザ取得の手続き費用を聞いたら4万円と言われました。しかし、日本での「Z」ビザ申請に関しては本人手続きがほとんどで、旅行社のすることはなく、これに頼る必要はないでしょう。ただし、後述しますがビザの申請は個人ではできず指定旅行社に依頼します。これとて、申請料3,000円+4,000円程度の費用です。

ビザ申請に関しては受け入れ先がきちんとしてくれるかがポイントです。逆にこの協力がなければ不可能ではないかと思います。どこかに書いてありましたが、日本人の就労は「身元引受人がしっかりしていればWELCOME」というのが中国政府の基本的姿勢だそうです。

私の場合、出国前の手続きは主に以下です。
1.ビザの取得:5-6週間かかります。
2.健康診断:診断書を受け取るのは検査の1週間後です。
3.予防注射:4週間をあけて2回打ちます。
4.荷物の送付

現在3まで完了しています。並行して進めればひと月半あればすべて終わりそうですが、私は慣れていないこともありシリアルに行ったので2か月半掛かりました。

赴任が決まったら「Z」ビザ取得のため以下がまず必要になります。
   1.犯罪経歴証明書(10-2週間)
   2.健康診断書(1週間)
   3.大学卒業証明書(窓口で即日)
   4.証明写真(即日)
   5.履歴書や職務経歴書、準ずるもの

ただし、私の場合、2の健康診断書はビザ申請では必要ないみたいでした。もちろん、中国に持参し、当局に提出しなければなりません。
また、健康診断を受けた時に予防注射を受けておきましょう。4週間後に2回目が必要です。


ビザ取得と健康診断、予防注射に関して報告します。

by AT_fushigi | 2016-08-05 22:36 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/25874976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国赴任2016年ー日本手続き... 旅の線-鉄道-西浦和駅 >>