中国赴任2016年ー日本手続き(4)ービザ取得(3)ー犯罪経歴証明書・県事情


[2016年8月5日現在の情報です]

犯罪経歴証明書は各都道府県警発給ということでインタネットでその案内を調べてみました。

方法は47都道府県名と「犯罪経歴証明書」でググってみました。どの県も一番上のURLでリンクできました。

とはいえ、案内が見つからなかった県が3つありました。県警のホームページからも、鑑識課のページでも見つかりませんでした。ただし、石川県の鑑識課に犯罪経歴証明書の発給というのがありましたが、詳細はありませんでした。
   石川県
   鳥取県
   山口県

案内は簡単なものから親切なものまでいろいろありました。東京都など類似の案内内容を記載しているところが多いように思いました(少しずつ違いますが)。一番丁寧で親切で分かり易かったのは宮崎県です。問い合わせがありそうな内容が盛り込まれています。実際の問い合わせなどが反映されているのでしょう。好感が持てました。

県事情があったのは、北海道と沖縄です。
各県とも道府県警あるいは警視庁と発給には県庁所在地に出かけなければいけません(後述のように本人以外は申請できません)。北海道は広いので札幌の本部に加え、函館、旭川、釧路、北見の各市にある方面本部でも申請できます。
沖縄には「日米地位協定に基づく身分の方」という項目がありました。

手数料に関して記載がないのが6県ありました(無料と読みました)。記載ある中で20府県が有料です。金額は県ごとに異なり、府県収入証紙(警察署で購入可能)で納めます。
   栃木(420円)、群馬(400円)、新潟(500円)、富山(450円)、山梨(500円)、
   長野(400円)、愛知(500円)、三重(500円)、京都(400円)、和歌山(410円)、
   島根(700円)、岡山(750円)、広島(700円)、香川(400円)、愛媛(600円)、
   高知(420円)、福岡(400円)、佐賀(350円)、長崎(350円)、大分(400円)

所要時間の記載がないのが半数以上の26道府県です。記載ある場合、15~30分です。

交付までの日数の記載がないのが徳島と香川県。記載がある中では大体は1週間から10日程度です。愛媛県の3~7日や山形の5日程度が最短、栃木、投稿、福井、愛知、兵庫、島根、長崎が最長の2週間となっています。また、東北に多かったのですが「証明書が交付できるようになったら連絡する」というのも親切です。

指紋採取は事前に知らせておくべきだと思うのですが、記載がないのが16県ありました。
   北海道、茨城、栃木、群馬、富山、福井、長野、静岡、
   滋賀、岡山、広島、徳島、福岡、熊本、大分、沖縄
なお、宮崎県だけに「申請時に押捺した指紋は、証明書発行後廃棄します。」と注意書きがありました。

長野県では「必ず事前に電話連絡してください。」とありました。機械や技能のある人が必要であるなら予約制とすべきです。
また、群馬や滋賀のように代理受領の記載のないのも問題でしょう。
さらに「要求国・目的によって有効期限が異なります。」と書いてある県があって、期限大丈夫かなと心配になります。


さて、全都道府県の案内ページを見て気が付いたのは情報がばらばらだということです。私が知りたいことが全て書かれていたページは残念ながらありませんでした。例えば、東京だと必要書類は電話で問い合わせをしなければなりませんでした。確かにケースバイケースということなのでしょうが他県にはいい例があります。

全県を見て私なりに必要な情報をまとめてみました。対象は私です。中国に赴任するための就労ビザのために犯罪経歴証明書が必要なケースです。海外に住んでいる人などの記述は今回は含んでいません。

[犯罪経歴証明書の発給]犯罪経歴証明書とは、日本又は外国に居住している方が、「永住」「就労」等で渡航する場合渡航先の国から要求される公的な証明書です。日本の外務省が各国との調整窓口になっています。その外務省から警察庁に対する協力要請に応じ、各都道府県警察が行っています。犯罪経歴証明書は5カ国語(日本語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語)で記載しています。なお、封筒に入れてお渡ししますが開封すると無効になります。
[申請できる方] (千葉験の例)
   外国の公的機関(大使館等)から犯罪経歴証明書の提出を求められている方で、
   下記のいずれかに該当する方
    ・現在、千葉県に住民登録をしている方
    ・海外在住で、日本の最終住民登録が千葉県にあった方
[申請先]住民登録している都道府県の警察署あるいは警視庁(東京) (*1)
    (*1) 海外在住の場合:日本の最終住民登録(外国人登録)の都道府県
[申請場所](東京都の例)
   警視庁渡航証明係
   警視庁本部庁舎1階 ( 正面玄関受付へおいでください。)
   所在地: 千代田区霞が関2丁目1番1号
   電話:03-3581-4321(内線58114、58115)
   最寄り駅
     東京メトロ 有楽町線 : 桜田門駅(4番出口)
     東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線 : 霞ヶ関駅(A2番出口)
   (注記) 駐車スペースがないので、公共交通機関を利用しておいでください。
[受付時間](東京都の例)
   月曜日から金曜日まで(祝日・年末年始を除く)
     午前8時30分から午前11時30分まで
     午後1時00分から午後5時00分まで
[申請所要時間と手数料](山梨県の例)
   申請手続きに要する時間は20分程度です。
   手数料 山梨県収入証紙500円
   注1 事前に警察署の窓口または山梨中央銀行等
   (収入証紙売りさばき場所)で購入の上、お越し下さい。
[申請者]本人に限る。代理人申請はできません。
   申請時に指紋を採取します。
   犯罪経歴証明書は御本人の指紋と全国の資料とを照合した上で証明書を発行するためです。
   ※ 申請時に押捺した指紋は、証明書発行後廃棄します。
[申請に必要な書類]
   1 パスポート原本(有効期限内のもの、変更がある場合終了したもの)
   2 次のうち、いずれか1通
     (1) 住民票(発行から6か月以内のもの)
     (2) 官公庁から発行され、氏名、住所が記載されたもの
        例:自動車運転免許証
          住民基本台帳カード(氏名、住所等が記載されているもの)
   3 提出先機関からの証明書を要求する文書等、証明書発給の必要性が確認できる書類
    例:(1) 大使館発行の犯罪経歴証明書の発給依頼書
      (2) ビザの申請書(写真貼付、内容記載済みのもの)
      (3) 必要性が客観的に認められる書類
        (入学許可証,出張命令書、入学許可証、雇用契約書、採用通知書等)
    (注記) 提出先、要求事由により、確認する書類等が多岐にわたるため、
         電話でお問い合わせください。
[証明書の受取](東京都の例)
   ・申請日からおおむね2週間後に、申請者に直接お渡しします。
     (注記) 年末年始、ゴールデンウイークは申請日からおおむね3週間後になります。
   ・やむを得ない理由により代理受領を希望される方は、申請時にお申し出ください。
   ・郵送はできません。
[問合せ先]...
[その他]
   ・犯罪経歴証明書の発給申請は、当該国にある日本公館
    (日本大使館、日本総領事館)でも申請ができます。
    詳しくは、日本公館にお尋ねください。
   ・既に外国で証明書を申請した方は、日本国内で二重に申請することはできません。
   ・お渡しした証明書は、開封すると無効となりますので、絶対に開封しないでください。
   ・何らかの事情により証明書を提出しなかった場合は、返却してください。

警察なのでガイドラインの様なものがあるのかと思っていましたが、利用者目線で見直しをお願いしたいと思いました。


by AT_fushigi | 2016-08-09 13:50 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/25884963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国赴任2016年ー日本手続き... 中国赴任2016年ー日本手続き... >>