中国赴任2016年ー日本手続き(6)ービザ取得(5)ービザ申請と取得完了


[2016年8月5日現在の情報です]

さて、中国大使館の「査証申請必携」から私が「Z」ビザ申請に必要な書類は以下です。なお、「日本手続き(2)ービザ取得(1)」参照ください。
  1.申請書「中華人民共和国査証申請表」
  2.パスポート
  3.申請書に貼る証明写真(4cm×3cm,正面,無帽,無背景のカラー)
  4.外国人就業許可証書
  5.被授権単位邀請函

申請書は中国大使館のホームページの トップページ > 領事業務 > 各種申請表ダウンロード印刷のページから「中華人民共和国査証申請表」をダウンロードします。中国語と日本語が併記されています。
特に難しい内容はないのですが私が迷って申請時に聞いたのは2つでした。
  2.2 予定入国回数
     「Zビザ申請では一次(査証発行日より 3 ヵ月以内に一回入国有効)」です。
  2.6 中国での日程
     「入国予定日と会社住所があれば、特に記入必要なし」でした。
Zビザが一次なのはZビザが就業証と居留許可を得るための滞在ビザだからです。発行日より3カ月以内に一回入国ですから予定が決まってから申請すればいいと思います。ちなみに、中国入国後30日以内に居留許可申請が必要で、そのためには3週間かかるという就業証を得る必要があります。期限の一カ月以上前に入国する必要があります。

これらの書類を持って申請すればいいのですが、中国の場合、指定旅行社を通じて申請します。指定旅行社は中国大使館ホームページでトップページ > 領事業務 > 旅券・査証業務の「旅行会社での代理申請について」に掲載されています。中国に本社を持つ旅行社が多いようです。電話口に出た方はほとんど中国系の訛りがありました。

実は私はそれを知らずに中国領事館に出向きました。中国人と長い列に並んで受付でそのことを知らされ、リストを渡されました。「ビザは代理申請になります」と書いた張り紙は気が付いていたのですがそういう意味とは分かりませんでした。「中国のビザ申請はここでは受け付けていません。指定旅行社を通じて申請してください」とするべきでしょう。

指定旅行社リストから何社かに電話をして領事館での申請料(一次ビザ:3000円)を含めた手数料を聞きました。電話した中では1社が6500円、1社が8500円でしたが残り5社くらいは7000円でした。これはパスポートの返却郵送料は含まれていません。
手続きは必要書類を簡易書留で郵送し申請してもらうことも可能なようです。しかし、パスポートを郵送し預ける勇気は私にはないので出向くことにしました。
私は会社からの交通費と行きやすさから新橋(西新橋)の旅行社を選びました。手数料は7000円です。電話をして出かけました。申請書や書類をチェックしてもらい、前払いとしました(後払いも可能なようです)。また、ビザが貼られたパスポートは郵送ではなく、取りに行くことにしました。ちなみに、パスポート返却郵送料は切手代で1080円だそうです。
発給受け取り予定日を書いたパスポートの預かり証と領収書をもらいました。4日後の日付が入っていました。
書類は問題なかったようで10分もかからず終わりました。とても親切で好感の持てる対応でした。

指定日の4日後に電話をして確認後、遠回りの家路でピックアップしました。

ビザの写真です。ローマ字、英語記載です。
c0153302_15084973.jpg

この後、健康診断、予防接種に関して報告します。

by AT_fushigi | 2016-08-11 15:38 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/25890595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 十に一つでも行けたなら(東京エ... 中国赴任2016年ー日本手続き... >>