中国赴任2016年ー日本手続き(7)ー中国渡航者健康診断「外国人体格検査記録」


[2016年8月5日現在の情報です]

健康診断です。インターネット情報から外国人就業許可証を申請するのに健康証明書が必要だと思って日本で健康診断を受けました。また、中国で受診しても書類を得るのに1週間くらいかかるようなので、30日という期限がある中で1週間はもったいなく日本で受診しておくべきでしょう。
「中華人民共和国査証申請必携」に「ビザ申請時における外国人体格検査記録の提出は原則不要となりますが,中国現地での居留許可申請時には引き続き同記録の提出が義務付けられております.」ともありますのでビザ申請には不要ですが、就業許可証に関してははっきりしませんでした。実際には中国サイドから書類(コピー)の要求はありませんでした。

「中華人民共和国査証申請必携」に「日中友好医院或いは国公立病院での受診結果が利用できます」とありました。
まず、近所の公立病院に電話したところ、中国渡航者健康診断はしておりませんとのことでした。次に便利そうな代々木の「日中友好医院」に電話して出かけました。特に食事制限もなく夕方出かけました。

結果として大正解でした。

「日中友好医院」は代々木駅西口から徒歩1分のクリニックビル6Fにありました。
病院に置いてあったパンフレットの表紙、裏表紙です。
c0153302_20390761.jpg

病院のホームページから渡航者検診の詳細が載っています。
c0153302_20393849.jpg

受付で渡された「外国人体格検査記録」に氏名等を記入します(ダウンロードなどの準備する必要はありません)。着替えて、身長体重、尿、血液採取、視力、心電図、レントゲン、医師の診断と1時間もかからず完了です。

費用は14,000円ほどでした。帰宅後ググってみると
   東大付属病院:約25,000円
   相模原病院:約30,000円
   稲城市立病院:19,000~22,000円
他の病院でも海外渡航者検診は2~3万円であり、中国のフォーマット「外国人体格検査記録」での発行には更に費用が掛かるようです。また、用紙は自分で中国大使館トップページ>領事業務 > 各種申請表ダウンロード印刷のPHYSICAL EXMINATION RECORD FOR FOREIGNERをダウンロードして氏名等の必要項目を記入して持参し、それに記入してもらう形式のようです。
経験者のBLOGを見ると中国入国後で受診すると800~1,000元の様です。

結果は郵送してもらえます。郵送料は1,080円です。

一週間後にレントゲン写真、心電図、血液検査の結果とともに「外国人体格検査記録」が送られてきました。

c0153302_23463488.jpg

c0153302_23472026.jpg


中に「《外国人体格検査記録》について」という書類が添付されていました。この中で最後の「当院のスタッフが交渉させていただきます」というのは心強く感じました。
 ・一、中に入っているレントゲン写真、心電図、血液検査結果の原本は大事に
    保管し現地に持参する。
 ・二、この記録と検査結果原本(レントゲン写真、心電図、血液検査)をもって
    現地到着後、まず出入境検疫局所属の国際旅行衛生保険センタで「境外人
    員健康検査記録証証明」を貰ってから他の手続きを行ってください。
 ・三、有効期限は6カ月
 ・地域、担当係官によっては、正規の手続きを行っても書類が受理されない場合
    があります。その場合、すぐに検査を受けず、相手側の連絡先をお聞きに
    なり、私どもにご連絡ください。当院のスタッフが交渉させて頂きます。
    宜しくお願いします。
c0153302_23482617.jpg

私は東京都民なので簡単に「外国人体格検査記録」を入手できましたが、一般に中国の留学や就労ではこの記録の入手が困難なようです。インタネットで調べてみました。

by AT_fushigi | 2016-08-13 13:56 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/25895603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国赴任2016年ー日本手続き... 十に一つでも行けたなら(東京エ... >>