中国滞在2016年ー旅情報ー厦門ー曾厝垵


9月15-17日は中秋節の三連休。前々からフェリーで厦門に行こうと決めていました。ところが初日15日早朝に台風14号が厦門に上陸しました。15日と16日の朝までは雨が降ったりやんだりの天気でした。15日に健康のための散歩で厦門行きのフェリーポートを通ると欠航であることが分かりました。

16日の午後に天気が安定して青空が見えてきました。海を見ていると遠くにフェリーが見えました。厦門の街はどうなっているかわからないけど、行ってみることにしました。

WEBで見て鼓浪屿(コロンス島)、南普陀寺、曾厝垵のどれかに行こうと考えていました。
鼓浪屿行きのフェリー乗り場「东渡邮轮中心码头」に行くと誰もいません。全便欠航でした。緑豊かな島の被害が大きく道路の復旧が進んでいないと言っていました。
バスで「鷺江道」に戻りました。制服を着た男性に聞くと、南普陀寺は841路、曾厝垵112路とバス路線を教えてくれました。最初に112路バスが来たので乗りました。乗車料金1元です。

さて、TripAdvisorで14位にお勧めの場所、「曾厝垵」は厦門島の南東にあります。
曾家が最初に住んだので「曾」を冠しています。「厝垵」は良く分かりませんでした。前の海を「曾家湾」といい、明時代以降厦門から入港許可をもらうために外国船が停泊していたそうです。宿屋や食堂が多いのはそのためです。
清時代には「胡里山炮台」を有する要塞が設けられました。「胡里山炮台」は次回に回しました。
辛亥革命後は海軍の航空隊が置かれ滑走路もあったようです。その名残と思われる広い道を北西に見ることができます(百度地球参照)。航空隊は帰宅後バイドっていて分かったことです。実は歩き回っているうちこの滑走路跡と思われる広い通りには出たのですが「さすが中国、こんな田舎にも大通りを作ったんだ」と思っていました。
現在、宿屋を整え、古くからの屋台とともに若者に人気のファッショナブルなお店で観光地として発展しているそうです。
c0153302_23353303.jpg

c0153302_13190210.jpg


バスは20分くらい走りました。「曾厝垵」停留所です。
c0153302_13214768.jpg

海の方に向かいます。海沿いの道からツインタワーが見えました。ふと手前を見ると昨日の台風で流れ着いたと思われるコンテナが転がっていました。
c0153302_13214725.jpg

c0153302_13214742.jpg

海側から町へ、ちょっとお洒落な歩道橋を使って渡ります。
c0153302_13214792.jpg

歩道橋から台風の被害を見ることができます。道路沿いでは歩行できるように倒れた樹木の撤去を行っていました。
c0153302_13214730.jpg

c0153302_13214799.jpg

さて、案内地図が見当たらなかったので歩道橋の近くの路地から町に入りました。上の写真の道です。
路地には台風の影響で様々なものが散乱していました。多くの屋台もカバーがかけられたままでした。
c0153302_13290552.jpg

c0153302_13290507.jpg

開いている屋台では様々な食べ物を売っていました。多いのが海鮮と新鮮果物です。海鮮では牡蠣や海老の開いたのにトッピングして焼いたものが中心です。煮凝りの様な食べ物も多く、ご当地ものらしいのですが、ちょっと抵抗があり食べませんでした。
c0153302_13290542.jpg

c0153302_14113850.jpg

そこに何やら古そうな、そして屋根を見ると寺院の様な建物が見えてきました。「曽氏宗祠」とあります。曽家の宗祠でしょうか。残念ながら屋根の飾りを撮りませんでした。後で見ると特徴的ですね。しかし、盛者必衰、閉まっていますが、ここはカフェだそうです。
c0153302_13290539.jpg

c0153302_13290551.jpg

道を右に曲がるとお店が一変します。ファッショナブルなお店が増えます。
c0153302_14040917.jpg

c0153302_14040907.jpg

c0153302_14040959.jpg

更に右に曲がると、陶器制作の体験できるお店が並んでいました。
c0153302_14063520.jpg

c0153302_14063523.jpg

しばらくしてまた海岸沿いの幹線道路に出ました。

そのまま西に向かうと、WEBで見、た額に「曾厝垵」とある門がありました。門の右の2Fはケンタッキーフライドチキンです。
c0153302_14150338.jpg

中に入ると右手にお堂があり、すぐに屋台の列に突入です。前もあったのですが、タコ焼き鉄板で海老焼を作って売っていました。
c0153302_14150365.jpg

c0153302_14150490.jpg

道なりに右手方向に曲がると、ファッショナブルなお店が現れます。Mottoはこの辺りでは有名なお店です。猫カフェとフィッシュマッサージの店が並んでいました。
c0153302_14150324.jpg

c0153302_14150387.jpg

c0153302_14150301.jpg

一歩路地に入ると古い建物があります。
c0153302_14244361.jpg

c0153302_14244306.jpg

中に入ると民宿の様な宿屋が多くあります。一晩120元位だそうですが外国人が泊まれるかどうかは聞かなければわかりません。
c0153302_14302210.jpg

町の北側は宿屋が多く、お土産屋さんや食べ物屋が並んでいます。どんどん歩いていくと馬鹿広い道に出ました。後で滑走路だったと分かったのです。そこを切りにバス停に戻り厦門ダウンタウンに戻りました。

こういうゴチャゴチャしたところを歩くのは苦手ですが、台風の翌日にもかかわらず観光客や若者が多く歩いていました。
2時間近く歩き回りました。残念なのは滑走路の写真を撮れなかったことです。
百度地図上に足跡を描いてみました。実は、路地に入ってからは方向を失って歩いていました。滑走路跡が最初の路地の先だったとは。今度行くことがあったら、最初に滑走路跡を確認します。
c0153302_14542760.jpg



[2016.09.15]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-09-29 18:59 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/26020229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国滞在2016年ー食ー「麻辣... 中国滞在2016年ー出来事ー[... >>