中国滞在2016年ー食ー青島啤酒 経典(经典)1903 Premium Beer」 中国で一番おいしいビール...私には


好みを語るのは難しい。これから私の大好きな中国のビールを紹介します。
このビールはあれば幸せを感じますし、必ず注文します。そう、なかなか出会えないのです。そのビールを出してくれるお店が近所にあったのです。感激しました。

その前に私のビールの好みを書いておきます。そういう私の紹介だということでご了解願います。
日本では、エビス、サッポロ黒、プレモルの順で選んでいきます。それ以外はどれも一緒。アサヒドライは人生で10本も飲んでいないと思います。美味しくないです(福山さまごめんなさい)。第二とか第三とかは飲みません。
アメリカでは美味しいビールにあったことはありません(そういえば地ビールは時々飲んでました)。バドも10本も飲んでいないと思います。もっぱら、ベルギー、ドイツ、チェコのビールを飲んでました。
ヨーロッパでは美味しいビールは沢山飲みましたが、ハイネケンなどは2本で飲むのをやめました。オランダに住んでいたのでGloshを主に飲んでました。時々飲むトラピストビアも大好きでした。もちろん、フランス、イタリア、スペインなどでは絶対ビールは飲みません(空港のLufthansaのラウンジ以外では)。イタリアは美味しいビールがないから出張に行きたくないというビール大好きの同僚がいました。
中国ではもっぱら「青島・経典」です。青島があれば燕京、雪花、金威など他のビールは飲みません。
こういうのは語ると長くなります。

さて、別の記事で触れたように私が今まで飲んだうち、大好きな中国のビールは「青島経典1903 Premium Beer(青岛啤酒 经典1903)」です。雑味が少なく、コクがあってそれだけでも飲めます。料理にも合います。この金の縁取りも好きです。そして普通の「経典」に比べ1元(15円)、20%高いのです。なお、「经典」というのはクラッシックということのようです。
c0153302_22264028.jpg

このビールどこにも売っていないのです。私の会話力では入手先を聞き出せないでいます。
バイドって見るとこの製品の物と思われるHPを見つけました。

アリババなどには500mLの商品はありましたが、この金で縁取られた330mLのは見つけることができませんでした。500mLの広告です。
c0153302_22361148.jpg

c0153302_22362580.jpg

c0153302_22363906.jpg

ん、確かに普通の青島経典を見るとホップだけとはなっていません。「啤酒及制品」となっています。
お値段の比較で行くと、あるお店の例ですが普通の青島ビール(经典)が12本で72元。
c0153302_22405750.jpg

最近は飲まれなくなった、最悪の青島、「純生」は75元。
c0153302_22415177.jpg

そして経典1903が80元です。なぜか金の縁取りの330mLは見つけることができませんでした。
c0153302_22423189.jpg


バイドっていて「青島・純生」が出てきました。かつては「経典」を追い出し、「純生」ブームでしたが、最近は勢いがなくなりました。そりゃ、美味しくなければ飲む人も減ります。
出張記で書きましたが、ある時北京のレストランでビールは「純生」しかないと言われました。私たちは「純生」にうんざりしていたのでわざわざ緑の「経典」を頼んだのでした。と、その時部屋の隅の透明なクーラーボックスにある緑色の青島「経典」が目に飛び込んできました。そこにあるではないかと文句を言うと、これは従業員用で仕事の後で飲む分というんです。やはり、君たちも「純生」は飲まないんだね、それをお客に勧めるのかと交渉開始。マネージャが出てきて半分までならいいということで一件落着したのでした。北京オリンピックの頃でした。

日頃は普通の青島・経典を楽しんでいます。コンビニで買うと330mLが一本4元(60円)、24本入りのボックス(96元=1440円)を買っています。写真は中国に来て2箱目の青島です。
c0153302_23120037.jpg



[2016.10.04]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-10-04 08:49 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/26031786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国滞在2016年ー食ー「紫菜... 中国滞在2016年ー生活ー毎日... >>