中国滞在2016年ー生活ーゴキブリ対策、意外な解決法


さて、虫対策ですが、蚊の次に心配したのがゴキブリです。
ゴキブリは隣近所などから入ってきます。そして、注意しても出る食料屑などで生きていきます。

さて、これには金鳥の「ゴキブリがいなくなるスプレー」あるいはアースの「ゴキバリア ゴキブリのいない空間を作るスプレー」が一番良さそうと判断しました。両方とも殺虫剤は「ピレスロイド(イミプロトリン、フェノトリン)」で残効性も即効性も優れています。また、不燃性ガスである炭酸ガスを使用しており、もちろん「医薬部外品」です。
c0153302_15303661.jpg

これなら、飛行機に持ち込めると思いました。
c0153302_11511302.jpg


赴任時は、蚊取りスプレーを持ち込んだため、ゴキブリの方は次回に回しにしました。

ところが、最近ゴキブリを見ていません。意外なもので対策出来たようです。
アースの蚊取りスプレー「おすだけノーマット・ロング」を日本から持ち込みました(記事)。
c0153302_11511115.jpg

そして、9月3日に赴任し、アパートに到着後すぐに噴射しました。リビング、ベッドルーム、洗面所と風呂場、台所とワンプッシュして(リビングは2プッシュ)回りました。そして、リビングに戻ると玄関ドアの側で音がします。見るとゴキブリがひっくり返ってもがいていました。数秒して静かになり死んだようです。台所へ行ってみるとなんと2匹死んでいました。残念ながら蚊の死骸は一つもなく、ゴキブリ以外はガガンボの様なものでした。数か月人が住んではいなかったのですが、ゴキブリはいました。
次の日も各部屋にワンプッシュしました。玄関ドア付近で1匹ゲットでした。3日目は台所で1匹ゲット。一週間毎日プッシュしましたがその後は蚊もゴキブリも出ませんでした。その後一週間に一度プッシュしましたが、全く虫の姿を見ません。最近は台所、洗面所・風呂場、玄関ドア付近だけ一から二週間に気が付いた時一度1プッシュしています。

一方、アパートには網戸があると思っていたので、網戸に取り付ける虫よけを持ってきました。しかし、アパートには網戸は無く無駄な持ち込みになってしまいました。
c0153302_16013995.jpg

そこで、玄関と台所の侵入口の上部に取り付けることにしました。成分は「トランスフルトリン、エムペントリン(ピレスロイド系)」でトランスフルトリンは蚊取りスプレーと同じです。効果成分が上から簾のように流れて虫を拒絶するイメージです。
c0153302_16034840.jpg

これも効いているのかもしれません。帰国の前後、約ひと月の間蚊取りスプレーのプッシュをやめて、その後プッシュしましたがゴキブリは発見できませんでした。効果確認には時間が必要なようです。
年が明けて春から夏になる時が勝負です。

[2016.11.13]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-11-13 16:31 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/26145232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国国内出張2016年11月-... 中国滞在2016年ー生活ー蚊・... >>