中国滞在2016年ー生活ーPM2.5は東京・大阪並みだが...今日は...


中国に来る前は大気汚染を心配していましたが、会社の人に東京並みと言われました。実際「世界の大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ」(http://aqicn.org/map/world/jp/)で調べても黄色(50-100)か緑(<50)でした。平常の75以下のことが多く安心していました。

ここ数日ですが、気温が高く(25度以上)、肌に湿り気を感じます。空気に敏感な私の喉が何かを訴えています。また、朝、厦門(アモイ)の方を見ると真っ白です。上空は青空なのに海の上は真っ白です(クレーンは漳州側でその向こうに湾があり厦門があります)。暖かい湿った空気が流れ込んで海の表面だけ水蒸気が漂って淀んでいるように見えます。
c0153302_01024568.jpg


出張直後に週で調べることができなかったので、休みの今日AQICNで調べてみました。
相変わらず中国の大気汚染はひどいです。真っ赤(>150)で、さらに、紫色(>200)茶色(>300)も見えます。
c0153302_01034462.jpg

世界的には表示されない中東が一番ひどく、インドも茶色地帯になっています。中国もそれに次ぐひどい状況です。
その中で、台湾の北や対岸の福建省は赤が目立ちません。日本並みの黄色地帯です。
しかし、今日は拡大してみると対岸の厦門は赤です(青丸が私のいるところで後で書き足しました)。150を超えています。これは環八沿いでみられる値と同じくらいです。
c0153302_01034525.jpg

クリックしてみると昨日土曜日(星期六)の実績では昼間赤、夜に黄色になっています。湿度の高さが目立ちます。また、夜は風がばたっと止み、凪状態です。そこに朝の企業活動とともにPM2.5が増え、赤い色になっているように見えます。厦門の中心地の値が高いのは、気象条件によって車の排気ガスなどが溜まっているからでしょうか。
c0153302_01034536.jpg


遅いお昼を済ませて外を見ると厦門が見えます。チェックです。
c0153302_01240662.jpg

オレンジ色(100-150)で102です。(リアルタイムと言え1時間くらいのタイムラグがある)
c0153302_01240624.jpg

c0153302_01240542.jpg

風が出て、湿度が下がっています。今日は休日で企業活動もあまりなく赤の時間が短いようです。午後2時には65になっていました。
c0153302_01381724.jpg


この後、最近習慣になっている近くの小山に上りました。400段超の階段路を10分くらいで一気に登ると、日頃の運動不足からか心臓がパクパクします。周りを眺めながら、ハアハア息を静めます。これが爽快で続けています。頂上から厦門が良く見えます。
c0153302_01381864.jpg

夕方から雨が降り始めました。夕食から帰ってチェックすると午後6時で74になっていました。平常値です。明日の朝はどうなっているでしょうか。
c0153302_01381847.jpg

c0153302_01381840.jpg

c0153302_01381727.jpg


追記:
夜、雨が降っていたので、朝起きたら良好な値、55でした。もちろん厦門も見えます。
c0153302_09433899.jpg

c0153302_09433887.jpg

c0153302_09433744.jpg



[2016.11.21]     中国滞在記 目次へ

by AT_fushigi | 2016-11-21 01:48 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/26165998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中国国内出張2016年11月-... 中国国内出張2016年11月-... >>