家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第一日目-上海へ、困った中国航空事情


家族は東京から厦門に来て、私と合流して上海に向かいます。私はこの日は普通に働いて厦門空港に向かいました。おっと、服装は旅行の服装、鞄は旅行用なので普通ではありませんでした。
5時の定時に退勤、車でフェリーポートまで送ってもらいました。フェリーを降りた所からは空港直行バス(10元)を利用します。渋滞もあって空港には計画通り6時30分ごろに着きました。Flightrader24を調べた時、到着時間18:46だったのでちょうど良い時間のはずでした。

しかし、18:46ごろに急に空港の到着時間表示が19:15になりました。そして、19:27に。出てきたのは19:40でした。
話して何が起こったのかわかりました。厦門航空東京―厦門便は14:55発19:10着です。家族によればドアが閉まったのが14:45ごろ。飛行時間が3時間なので到着は18:46と表示されたのでした。
しかし、ドアが閉まって飛行機が動き出したのが15:30頃だそうです。よく利用する人によれば、これは格安航空にはよくあることだそうで、ぎりぎりの時間設定となっているため、到着が遅れた時、燃料積み込みなどの準備が間に合わないのだそうです。
記録上はドアが閉まった時間が出発時間です。これは、迎える方にとって大迷惑です。

上海便は21:00厦門発22:55上海虹橋着です。ドアは午後8時50分ごろ閉じられましたがゲートを離れたのは9時半ごろ。でも、到着は22:45でした。混み過ぎている中国航空事情。いい加減な時間設定。何とかしてほしいです。
上海虹橋空港でうどんを夜食に食べて、タクシーでホテルへ。メモ帳にマジックで大きくホテル名と住所を書いて見せれば問題ありません。パソコンの予約の印刷を見せても車内は暗いので見にくいのです。初乗りが18元でホテルまで78元でした。
着くと、ホテルの周りは店がまだ開いていました。さすが大都会です。
夜1時を過ぎていたので、寝るだけでした。

[2016.12.29]

次へ(第二日目-(I) 上海浦東新区)    [目次]


by AT_fushigi | 2017-01-05 23:13 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/26295246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2016年12月-中国... 家族旅行2016年12月-中国... >>