家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第二日目-(II) 東方明珠・外灘観光隧道・外灘


私一人なら既に豫園を歩いているはずの時間に遅い昼食を終えました。午後3時も過ぎて、日差しが夕方に向かって色づき始めるころレストランを出ました。
豫園は明日に回すことにしてゆったり外灘、豫園老街を散歩しながらホテルに帰ることにしました。5~6kmあるでしょうか。

東方明珠。側の大きな円形の横断歩道橋が写真スポットです。私達は、あまり興味がなく、中に入るのは止めて隧道に向かいました。
c0153302_13183752.jpg

「外灘観光隧道」は以前傍側にある国際会議場に来た時に初めて乗りました。2001年に完成。距離は700m足らず、5分で外灘と浦東新区を結ぶ交通です。年間200万人の利用者だそうです。
外灘と浦東新区を隔てる「黄浦江」を渡るには(1) 渡し船(片道2元)、(2) 地下鉄(3元)、(3) 外灘観光隧道(50元) があります。観光ルートをイメージして組み合わせればいいと思います。私達は地下鉄で浦東新区へ、高層ビルを見て、外灘観光隧道で外灘へ、外灘から豫園というコースにしたのです。ホテルの位置からもこのコースが最適でした。また、外灘観光隧道は料金は高いですが話の種にもなります。
ただ、「外灘観光隧道」の浦東新区側は分かり難い場所にあります。百度地図ではその場所は「信不信由尓博物館(信じるか信じないかはあなた次第博物館)」とあります。下記の百度地図のストリートビューをみれば位置が分かり易いと思います。
c0153302_13285313.jpg

一人50元払って、10人乗りのゴンドラでゆっくり川の下を進みます。ディズニーランドの様な、照明の中を進みます。
c0153302_13183781.jpg


出ると外灘(ワイタン)です。ここから眺める浦東新区は有名ですが、特に夕暮れ時が、少し色づいて、輪郭もはっきりして最高です。
c0153302_13183805.jpg

c0153302_13183799.jpg

大きな船が通りました。分かります?
c0153302_14134936.jpg

上流、下流
c0153302_14134935.jpg

c0153302_14134905.jpg

しかし、道を隔てた租界時代の建物は逆光となります。それもまた良し。
c0153302_13183827.jpg


「黄浦江」沿いを上流に向かって歩きます。
段々暮れていく景色を楽しむことができました。
c0153302_14135024.jpg

c0153302_14135082.jpg

私たちの目からは太陽は沈んでしまいましたが、高層ビルのある浦東新区は夕日に輝いています。
c0153302_14135146.jpg


夕暮れて行く街を眺めるのは旅行の楽しみでもあります。しかし、外灘は座るところがなく、立って眺めるのも疲れてきたので、この後、豫園老街に向かいました。


by AT_fushigi | 2017-01-08 14:20 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/26301991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2016年12月-中国... 家族旅行2016年12月-中国... >>