家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第二日目-(III) 豫園老街、上海老飯店


上海は漁村でした。現在車のナンバーにある「」は上海地方のことですが、漁のワナを意味します。中世になり、長江から内陸に向かう(特に蘇州と杭州を結ぶ航路)船の動脈として重要な位置にあったため、この交易を握るために城壁のある上海鎮が作られました。城壁は倭寇の侵略を防ぐためだということです。
c0153302_15385927.jpg

以下Wikipediaを引用。「1842年の南京条約により、上海は条約港として開港した。これを契機として、イギリスやフランスなどの上海租界が形成され、後に日本やアメリカも租界を開いた。1865年に香港上海銀行が設立されたことを先駆として、欧米の金融機関が本格的に上海進出を推進した。1871年には、香港と上海を結ぶ海底ケーブルが開通し、日本の長崎市にも延伸された。」
c0153302_15393206.jpg

フランス租界も老城の北だけでしたが、第一次大戦後西に広がっていきました。

この旧上海鎮の城壁は辛亥革命の時に取り壊されましたが、現在でも少し残っているようです。百度の写真です。
c0153302_16032265.jpg

旧市街を現在の地図で見ると赤点線んで囲んだ約1.5kmの方形になります。
c0153302_15393467.jpg

豫園はその北東の隅にあり、中国の重要文化財です。その周りにあるのが老街で昔の中国の賑わいを再現したものです。
旧城(旧市街)に入ると独特の雰囲気があります。
c0153302_15393202.jpg

老街に近づくと人が溢れてきます。豫園のすぐそばまで来てビックリしました。建物の屋根から水が噴き出しているのです。真下の土産物の屋台が避難を始めたところなので少し前に起こったようです。写真左上の屋根の水の吹き出し口を見てみるとスプリンクラーです。何かの理由で働いたようです。
c0153302_15393384.jpg

豫園の前を通り、レストランに向かいます。
c0153302_15393387.jpg

c0153302_15393368.jpg

(上:豫園の前の広場)

c0153302_15393427.jpg


「上海老飯店」は1875年開業ということで上海料理を創造したともいわれる老舗です。
c0153302_16152812.jpg

中に入ると2階に案内されました。
c0153302_16152731.jpg

メニューです。
c0153302_16152750.jpg

上海料理の魚の揚げたの等、これが上海料理かなと思いながら頼みました。お酒は「古越龍山」にしました。
老舗ですが、古い中国のサービスの悪さも残しているようで店員の応対が良くなくがっかりしました。料理は普通というところです。前から思っていたのですが甘口の上海料理は直ぐに舌が飽きてしまいます。
c0153302_16152834.jpg


上海料理を堪能して出ると、外では正月の飾りつけを売る店が煌々と明かりをつけていました。本番は旧正月なので観光客向けですがそれなりに賑わっていました。
c0153302_16274234.jpg

結構歩いたので、ホテルへ戻ると、お風呂に入ってバタンキューでした。

歩いた軌跡です。
c0153302_00410848.jpg


[2016.12.30]

次へ(第三日目-(I) 上海・南翔饅頭店)    [目次]


by AT_fushigi | 2017-01-08 16:30 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/26302331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2016年12月-中国... 家族旅行2016年12月-中国... >>