家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第三日目-(II) 上海・豫園


小籠包ブランチを終えて豫園に向かいました。
ちなみに豫園への行き方ですが、私たちは徒歩圏内でしたがそうでない方は地下鉄10号線の「豫園」駅が便利です。私たちも地下鉄の駅の前を通って行きましたので地図を示します。なお、乗り換えがややこしい方は地下鉄8号線の「大世界」駅からでも徒歩圏内です。現在地下鉄14号線が建設中で豫園駅ができるそうです。
地下鉄10号線の「豫園」駅の1番出口を出たら右方向の歩道を進みます。駐車場の入口で右に曲がってしばらく行くとMacを右手に見ながら出た通りを左に行くと、豫園商城の門が見えます。商城に入ったらスタバが目印です。左に曲がると橋が見えてきます。
c0153302_23545150.jpg

バイドって見ました。漢字を拾っていくと、
「豫園は上海出身の官吏で四川のトップまで上り詰めた潘允端が1559年から20余年かけて潘家の西に建築した庭園。“豫”は“平安”とか“安泰”の意味がある。潘允端が亡くなって潘家の凋落とともに豫園も荒れるが1760年に上海の有力者たちによって20年に渡り建築や築山が行われ、道教の城隍廟の西園として整備された(当時既に東園があった)。
1842年のアヘン戦争後イギリス軍が司令部を置き荒らされた。さらに、1853年太平天国革命で更に荒廃した。
1956年に整備が始まり、1961年に一般公開された。」とのことです。
1956年の改修の時に面積が半分となり、残りの部分に豫園商城が造られたようです。
昔は豫園の中央にあったと思われる九曲橋を渡ります。多いときは人数制限しているようで、橋の入口はゲートになっていてガードマン(警察?)がいます。
c0153302_23191694.jpg

渡るとチケット売り場があります。なお、九曲橋を渡った人のほとんどがそのまま一方通行の道を通って老街の方へ戻ります。
豫園のHPによれば、チケットは
旺季(每年4月1日至6月30日,9月1日至11月30日)成人每位40元。
淡季(每年7月1日至8月31日,12月1日至3月31日)成人每位30元。
開園時間は
参观时间:8:30-17:30(3月1日至10月31日),8:30-17:00(11月1日至2月28日)。
です。チケットは閉館30分前まで売っています。
c0153302_23191676.jpg


チケット売り場にガイドリーフレットがあるので忘れずに持っていきましょう。売り場の人に言ってもいいかもしれません。この中の地図の番号順に回ればいいのです。(1)の矢印が入口、(36)の側の矢印が出口です。(48)まで観て出ます。
c0153302_00395904.jpg

チケット売り場の側に入口があります。
入るとすぐに「海上名園」と江沢民の揮毫が彫られた岩石があります。
c0153302_23191642.jpg


庭園内は色々な楽しみ方があります。
建物。
c0153302_00392457.jpg

室内
c0153302_00392490.jpg

門。
c0153302_00392509.jpg

岩石。
c0153302_00392357.jpg

樹木。
c0153302_00550115.jpg


注目は龍です。龍は皇帝のシンボル。簡単には置けません。皇帝の龍は5本指、豫園の龍は3本指ということで許してもらったようです。
c0153302_00594159.jpg

c0153302_00594249.jpg

c0153302_00594296.jpg

c0153302_00594258.jpg

私の興味は屋根の上です。以前はLUMIX-FZ200を使用していたので望遠が使えたのですが、今回はスマホExperia-Jなので...
c0153302_01042059.jpg

c0153302_01041885.jpg

c0153302_01042043.jpg

c0153302_01041956.jpg


c0153302_01041988.jpg

c0153302_01041847.jpg

実は足元にもモザイクが。
c0153302_01111559.jpg


冬の少し暖かい日差しの中で、2時間半かけてゆっくり楽しみました。

by AT_fushigi | 2017-01-11 01:19 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atxfushigi.exblog.jp/tb/26309409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 家族旅行2016年12月-中国... 家族旅行2016年12月-中国... >>